書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


色彩の持つ力を改めて感じさせられる――カラーハーモニーという研究分野に対して、研究者がどのようにそれぞれの理論に到達し、どのような反応があったか 面出和子
〈崖っぷち〉という境界へ自分を開け放つ――生きている感覚のあやうくも力強い瞬間を掬い取ってみせる 川口晴美
スロヴァキアの画家が描いた挿絵と新訳で二一世紀に贈る――新しい時代に新しい表現で、アンデルセン童話と出会う喜び 天沼春樹氏に聞く、『アンデルセン童話全集1』 天沼春樹
歩きながら、踊りながら書かれた文章の集積、通路――われわれは自分自身の橋を建築しなくてはならない 管啓次郎
世界文学を考えることは、作品の「読み方」の問題に関わってくる――生産だけでなく流通・受容のプロセスも踏まえて作品を分析 武田将明
これまでの女歌への痛切な問いかけと痛みを伴う豊潤なフェミニズム批評――『青鞜』創刊百周年にふさわしい記念すべき一冊 長谷川啓
激動の日本近代を生きたキリスト者の道のり――その思想的全貌を示す書簡・来簡の数々を集成 香芝典宏
「モノの見方」は「モノの考え方」――読む者によって機能が変化する、「現代芸術」を読み解く指南書 宮田徹也
幻想領域との接触、横断を通して真の世界を知るために「醒める」――叙情性あふれる言葉で物語の現在的更新の可能性、意味を問う 菊井崇史
台湾人のリアルな「日常」を感じる――あくまでもあっけらかんとした著者の姿勢 上村寿幸
思いは医療刑務所へ――人間・重信房子が原点から描かれ、膨大な説得力がある 小嵐九八郎
東アジアの民衆協同が試みられた時代の記憶――大杉栄の魅力ある実像と同志たちの役割に思いを馳せる 亀田博
芸術的労働に思考の復活を求める――労働が生きることと直接的に結びつかないように思える時代 的場昭弘
吉本隆明と柄谷行人の「世界思想」としての意味を明らかに――最終目標地の不確定な旅へと向かう思想の彷徨者としての著者の姿勢 高橋順一
シェイクスピアへの挑戦――シャイロックは、喜劇的な悪人であるか、ユダヤ人に対する偏見の犠牲者であるか 小林清衛
言葉の世界への新たな窓を開く――認知と意味という視点からみて、言語はどのような特性を持っているのかを解き明かし、言葉のもつ力を構造的に語る 秋田喜代美
レポート「書物復権8社の会 新企画説明会」――人文書8社が送り出す魅力的なラインナップ
初期マルクスに近代思想の超克を見る――『経済学・哲学草稿』の新たな哲学的読みを提示 小林昌人
歴史的「啓蒙」がはらみこんだ未解決の諸問題を考える――変革・革命と政治的権力構造との関係、社会と宗教の関係 三井吉俊
ヒロシマの思想を問い続けた長年の思索の集成――被爆朝鮮人の問題から出発し、核廃絶の世界化を求める 米田綱路








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約