書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


人間としての精神的な生活をいかに送ったらよいか――哲学、思想、宗教、科学の領域を横断させながら対話形式で考えていく 村木哲
ケアの基礎に「母-娘」の関係をおいた理念と実践の転換をする――本質主義のそしりをも免れず、フェミニズムの地雷原に踏み込む大胆な挑戦 青山薫
無の空間であったはずの真空に課せられる思いがけない役割――現代物理学は、真空に目が離せなくなったと言うべきだろう 池内了
自身の差別意識と闘い、国家に道を絶たれた僧侶――教誨師と管野スガらとの交流など、著者ならではの視点が至るところに生きている 米田綱路
「グラムシと/の社会学」にたいする知的関心が高まることを期待――多くの論点が満載されたため、概説書としては「難解」になってしまったか 松田博
「以前・以後」を越えた領域から届く光と陰翳をとらえる――祈りは、願いは、時を越え地に響く 菊井崇史
”自立”に果敢に挑戦した韓青15年史の貴重な業績――韓国の民主化と統一をめざした在日二世運動をどう総括するか 文京洙
カオスの坩堝への転落が仕掛けられているかのような物語――悲しみという人間感情の枠には収まりきれない生存状況と感情の絡み合い 有働薫
福島原発震災の警戒区域内にいまなお原発の建設計画がある――いっそう重要性を増す、「浪江・小高原発」建設反対運動の記録 新庄孝幸
作品として充分な考察がされてこなかった松田優作の主演作品――脚本家に視線を当て、『探偵物語』の作品構造を精緻に解析 皆川勤
村上春樹作品の「深層」は教育の場でいかに読まれるべきか――国語教育がここまで来ているのかということに目を瞠る 綾目広治
追悼・北杜夫:「心の神話」を語りつづけた作家――日本文学には希なユーモアと文明批評 郷原宏
現今世界の不正を特定し、正すための現実主義的正義論――精緻な分類的構成と豊富な事例の提示で論争の楽しみに応える 松元雅和
アガペーとエロースの対立と総合からキリスト教における愛の思想を考察――堅実な教会史の方法論に基づき、丹念に整理される愛の概念 松田央
戦争が来た、文学が来た、批評が来た――ヒップホップ的批評の執拗で暴力的な実践とは、かくまでに魅力的だったのか 高橋敏夫
ポストモダニズム文化の「発展的拡張」――幅広い具体例から探られる時代と文化の変容 長畑明利
カフカ文学は二十一世紀の今日でもその衝撃力を失っていない――カフカ中期一四作品すべてについて詳細な解釈を提示する、意義高い研究書 中澤英雄
その先に「アラブの春」を見据えた中東旅行記――著者の目線はポスト・イスラーム主義社会にあるのではないか 私市正年
黄金期の新日鉄釜石のすばらしさ、問題点を浮き上がらせる――今のラグビーに欠けている何かが、当時のラグビーにあったのでは 上原尚子
きわめてモダンなユダヤ神秘主義――「離れたところに立つ」哲学の自明の前提は病気の理性 三島憲一








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 下戸の夜
(本の雑誌編集部下戸班編)
2位 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
(ブレイディみかこ)
3位 東京凸凹散歩
(大竹昭子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 未来の地図帳
(河合雅司)
3位 ノーサイド・ゲーム
(池井戸潤)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約