書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


「造反有理」はアイ・ウェイウェイにこそふさわしい言葉なのではないか──本邦初の本格的な研究読本 暮沢剛巳
夢に呑み込まれたデカルト──数々の夢の具体的な記述と、夢が主人公の人生を変えてゆく仕方が魅力的 郷原佳以
〈共に涙を流す者〉杉山平一──やさしい平易な言葉で心の光をすくい上げる詩人は、私たちに鋭く温かい言葉の数々を残してくれた 安水稔和
「生活の失調」を乗り越える──この数十年の日本社会を蝕んできた消費主義的シニシズムとのたたかい 石原 俊
「ヤメ蚊」よ永遠に──人間の可能性を信じ、真の国民主権を求めた弁護士・ジャーナリスト日隅一雄 梓澤和幸
現実ではなくともリアリティがある──巧みな騎手のような書き手、道尾秀介 光原百合
ソ連人の人生と運命を描き切った畢生のロマン──奇跡的な出版から三十余年、ようやく邦訳が刊行 米田綱路
色の範囲を決めることと美しい景観とは単純にはつながらない──色彩を扱うために必要な基礎知識と、扱うためのテクニック 山本早里
左官職人11人が語りつくす美しい土への讃歌──古代以来、建築と暮しの文化を支えてきた左官は土の化学者である 竹原あき子
鏡に映る向こう傷──ルジャンドルが高校生に語った講演をベースに、その内容を注釈し、より詳しく敷衍した補遺で構成される 山城むつみ
サン=テグジュペリの姉の回想録──当時の日々の営みが、シモーヌの傑出した記憶力と観察力を駆使して鮮やかに描写される 山本和道
ソ連社会の喜劇的寓話が現代によみがえる──日本で初めて本格的に紹介される作品集 室生孝徳
新しいフロスト像を浮き彫りに──ニューイングランドの素朴な田園詩人から「二元論」の哲学者詩人へ 原成吉
古代から現代に至る「水の女」の文学的系譜──怯えつつも魅了される「水の女」の本質に迫る 古澤ゆう子
大道具は《主役》であるという信念──奥行きのふかい大道具の本質論 諏訪春雄
人気作家・戯作者の生涯をたどる──直接語らずとも、自ずとにじみ出てしまう人間性 菊田均
死はめぐり生となって還る:第147回芥川賞受賞直前インタビュー 鹿島田真希
無謀なスタイリスト──「テキストの擬態」に身を委ねさえすれば、言葉は勝手に増殖して最後には作品の形をとっていく 堀江敏幸
キリスト教とイスラームの聖典の文献学的比較──該博と堅実な考証に基づく知見に益するところの多い好著 竹内裕
本書の美しさは、容易に見透かせぬ台湾の深淵の美しさに通じる──台湾時代の島田の追体験から、台湾における日本語文学の最盛期がよみがえる 大東和重








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約