書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


いま、インディーズ/自主制作でできる最良の映画――富田克也監督『サウダーヂ』 五所純子
アメリカ文学批評の古典的名著――誰もが知っていて、誰も実は読みとおしたことのない書物の本邦初訳成る:『アメリカン・ルネサンス 上・下』刊行によせて 飯野友幸
全集と私――今後の日本文学や読者のために全集を 日和聡子
碧梧桐の旅――碧梧桐自身がいかにして新たなる自己を革新するか 栗田やすし
ケルゼンの広大な関心領域の全体像回顧の機会を提供――啓蒙主義者のケルゼンにとって、神話の解体は生涯の主題 長尾龍一
残酷な時代のヒューマニスト、トマス・クロムウェル――名だたる歴史上の人物が鋭い筆で新たに色づけされる 小竹由美子
現代政治理論の共通基盤の形成に大きく寄与――透徹した思索に貫かれた政治理論の秀作 千葉眞
アンドロイドを創ることで人間存在の解明を試みる――ロボット研究への工学的解説であるにとどまらぬ一書 高橋透
東方政策を推進したブラント政権の構想と戦略――冷戦下で西ドイツはいかにして主体的な外交を展開したか 三輪智博
全集と私――「散乱」する全集 宇波彰
現在の我々の「生」の色合いも際立たせる「美的アナキズム」――日本で歴史哲学的センスは、「戦前」を除いては成立し得ない 丸川哲史
与論島出身者の足跡をたどり炭坑節に月の記憶を聞く――近代文明にさらされながら、ユンヌンチュに息づく文化 新庄孝幸
現代ドイツの複雑な政治的変容を分析する――歴史意識の希薄化とプチ・ナショナリズムの台頭 高田広行
俳諧の伝統を受け継いだ稀有な一冊――意味を洒落のめしながら写実性へとリンク 浅沼璞
全集特集 碧梧桐を待ちながら――大いなる基礎を世界に発信した、気概のこもった全集:『河東碧梧桐全集』完結によせて 和田克司
近代の暗闇を照らす絵画世界の魅力――知られざるヤマの世界が、紙芝居のように広がる 米田綱路
「思弁小説」という賭け――メタフィクションとは、ひとつの先鋭的なイデオロギー 大久保譲×巽孝之
詩と演劇に残るもの――遊戯空間公演「詩×劇 つぶやきと叫び」(@座・高円寺2) 高橋宏幸
科学の常識が壊れることが面白い――『スパイダーマン』の大人向けエンターテインメント版を目指した インタビュー・梅原克文
長編推理小説の誕生に貢献した事件の真相は――他著ではみられない詳しさと斬新な解釈 佐々木徹








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 下戸の夜
(本の雑誌編集部下戸班編)
2位 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
(ブレイディみかこ)
3位 東京凸凹散歩
(大竹昭子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 未来の地図帳
(河合雅司)
3位 ノーサイド・ゲーム
(池井戸潤)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約