書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


原発安全神話を覆すジャーナリズム復活への宣言――言論抑圧と御用学者が生み出した福島原発事故を根源的に見据える 清水竹人
グローバル時代のビルマからの声――当事者の「肉声」にいかに耳を傾けるか 久保忠行
マルクスの知的革命を発展させる実践哲学の思想――アナキズム・サンディカリズムとマルクシズムの対話と協働は成立しうるか 大窪一志
静かで軽やかなタッチで綴られる詩人との交友録――さらの状態から意を尽くして詩人との日々をことばにする 白井明大
漱石はわかったふりをしなかった――いかに文学の語り方をめぐる問いが、漱石の中でなまなましく生き続けていたか 阿部公彦
実証的プルースト研究の最良の範――多彩な検証の響き合いで読者を魅了するモノグラフィー 中野知律
膨大な聞き取りと綿密な調査から類書のない労作が――原爆と原発は同根、この時期に本書が出現した意味は大きい 武藤一羊
現在進行形のナボコフ――日本初のまとまったナボコフ論集成る:対談 若島正×沼野充義『書きなおすナボコフ、読みなおすナボコフ』 若島正×沼野充義
過度の安全保障感への依存と嗜癖に陥らない工夫――子どもが「生き残っていくために非常に重要な力」を記す 三脇康生
ナボコフの創作と翻訳に通底する「モラル」の規範――作家の創作と(自作/他作)翻訳が織り成すダイナミズムを探求する試み 後藤篤
聖書を超えてイエスの生の声に迫る――詩的直感でオリジナルのエネルギーを取り戻す 小森健太朗
「人種」は今後もアメリカを見ていく上で必須の概念――「アメリカ白人」の覇権が長くないことはデータが証明している 堀江耕
ラオスの歴史を詳細に記した数少ない一冊、待望の邦訳――インドシナ半島をめぐるこれからの火種についても考えさせられる 金子民雄
モノクロームの世界を対象とした思弁の痕跡――瀧口が体現したシュルレアリスム精神において、写真がいかに重要であるか 林浩平
人間は追いこまれてどう変わるのか――「特異性」とともに「普遍的なもの」を描き出す イエジー・スコリモフスキ(聞き手・田辺秋守)
西鶴作品の任意性・増殖性を充分に活かした新たな編集の試み――原文に少しでも親しみをもてるよう、細やかな配慮がなされている 浅沼璞
人が深いところから壊れていく――有害環境から脱するために学校のいじめをみごとに描いている 内藤朝雄
クリーニングの世界は奥深い――大震災の被害で洗濯したくてもできない現実の中で洗濯を見直す 山井悟
北一輝の思想的推移は、日常を愛する庶民にどう影響したか――実践的たりえない革命者とは何者かと反語したい 鈴木正
「働かせろ」と「働かないぞ」の「間」に見える「生存の作法」――若者たちの多くがもつ、「働くこと」に裏切られたという思い 阿部真大








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約