書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


先人・偉人たちの「カルテ風伝記」――小林一茶の生と死のカルテはあまりに壮絶すぎる 黒川類
近代の教科書に潜む日本固有の美意識――春夏秋冬の移りを人の一生になぞらえる自然観と人生観 倉持長子
定義することで、新しい哲学を生み出す――「ありふれたものの考え方を変える」、という啓蒙の哲学的実践の意味の一端を描き出す 井柳美紀
本づくりの根 赤羽-鎌倉-桜木町 対談 三浦衛(春風社)×上野勇治(港の人)
イギリスにおける芸術とデザインの密接な関係性――デザインと装飾、そして芸術の出会い 山口惠里子
「愛とは物語」である――日本の愛と恋を渉猟し、多様な視点で大胆に読み解く大著 志賀信夫
歴史・仏教・芸能・民俗・説話など多方面から考察――大量の文献を驅使して問題に取り組んだ労作 小田切文洋
過去の自然災害、戦争という人為災害について、人文科学における多彩なアプローチを示す――「人間と災害」「自然災害の記録と記憶」「人災としての戦争とその「記憶」」の三部で構成 佐藤翔輔
核電ゼロの社会改革――エネルギーのあり方は、広範で根が深い社会・経済・政治の問題である 上園昌武
「名のない物」が落ちてきて……――詩のような表現を交え、決して高尚でも美しくもない、これぞ人間と言いたくなるような人々の姿を描いている 木下朋子
自主的に創られた戦後新教育の貴重な実践の記録――『戦後初期コア・カリキュラム研究資料集』編者対談 金馬国晴×安井一郎
平和ワークの実践を語る――執筆者各人の平和創造の豊かな経験が凝縮されている 奥本京子
百数十年にわたるカトリック的作家たちの系譜――オックスフォード運動が始まった一八三〇年代からイーヴリン・ウォーまで 舟川一彦
北東アジアの非核化は可能か――「核の傘」への依存を脱却し、検証可能な非核化を目指す「ナガサキ・プロセス」 佐藤壮
何が災害の記憶として語りつがれるのか――時間の概念からカタストロフを捉え直す 阪本真由美
いまなお続く身体と知の苦闘の軌跡――近代以降の文学がいかにしてヨーロッパの思想における身体と精神の二分法を乗り越えようとしてきたか 生駒夏美
近現代の日本社会を見直すための重要な視点――国家がいかに「刷り込み」を行ったか 有本真紀
戦後日独精神史の脈流を示す「小倉書簡」――新たな研究の可能性を指し示す 山本昭宏
国連の内側から見た平和構築――国家指導者を支える平和構築支援者の役割 片柳真理
「近畿中心、天皇家一元」史観を解体する――九州王朝の中心地(首都)へと論を進めていく 村木哲








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 下戸の夜
(本の雑誌編集部下戸班編)
2位 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
(ブレイディみかこ)
3位 東京凸凹散歩
(大竹昭子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 未来の地図帳
(河合雅司)
3位 ノーサイド・ゲーム
(池井戸潤)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約