書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


公営住宅を取り巻く現状と課題――住民の孤立化や孤独死の課題に踏み込む 福島忍
「私」――一つの物語に回収できない矛盾した存在――ある種の私小説と呼ぶべき作品としての完成度をもつ 佐藤靜
神皇正統記解釈をめぐる政治的議論の主たる対抗軸の推移を浮かび上がらせる――日本政治思想史の労作 山口道弘
私たち自身が共同体のなかで自らをどのように編みなおすか――戦後教育研究の中で論じられることのなかった「政治」と「教育」の接点を構築する 安部貴洋
「ラディカルな民主主義者」が憲法を作る過程――高野岩三郎とウンベルト・テッラチーニを中心に描く 高橋利安
「言葉」を通して現代(現在)を見通す――ジェンダーの問題は言葉だけに収斂していくことではないから、多様な視線から語るべきだ 黒川類
後戻りできない時の流れ、日常のかけがえのなさ――緊迫する状況をそのままむき出しで伝えようとする迫力 大口玲子
従来の監視社会研究とは異なる、「ミクロな視座」からの研究――一層豊かに発展する可能性がある、極めて重要な著作 田畑暁生
施設での暮らしはなぜどのようにして「主体性」を奪うのか――世界的動向の一端を知り、関心をもち学ぶ上での道標となる書 鈴木良
男女で異なる「恋愛」模様がいかにして紡がれてしまったのか――幅広い史料を通して巧みに紐解く 桑原桃音
読者の「いま」と「ここ」に現出する語り手の心――実に稀有な経験を本書の読者はするだろう 奥瀬陽平
ユングをめぐる「旅」――ロジカルな論述ではなく、「歌」の言葉で紡ぎ出されていく「集合的無意識」 皆川勤
宮沢賢治のキリスト教的、仏教的背景を見通すものが数多くみられる――詩の作法書のようでもある、音数律論の成果 平澤信一
「電信・電話のジェンダー化」のダイナミズムを活写――近代の日本とドイツの比較をとおして明らかに 池谷壽夫
昭和元禄文化はうんざりするほどの混乱の中、次々と新しい文化を生んだ――山藤章二が感じた昭和の匂い 大野秀樹
日本浪曼派を研究することの意義を再確認――既存の研究からこぼれ落ちる問題をすくい上げ、今後の研究の道筋を示している 野坂昭雄
偉人伝を超えたタブマン像を描く――伝記であると同時に一級の時代研究 栩木玲子
「正しいことをしたければ、偉くなれ」の真意とは――特に女性の管理職志向の低さに注目する 安田宏樹
何を食べるべきかの議論を論理に基づきジャッジする――食において倫理的判断が求められる問題領域がどのような広がりをもっているのかを総合的に把握 秋津元輝
戦時下の青春から晩年に至るまでをカバー――アジア・アフリカ作家会議での実際の運動経験から堀田善衞のコミットメントを明らかにしている点は重要 竹内栄美子








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 野垂れ死に
(元木昌彦)
3位 木になった亜沙
(今村夏子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 五・一五事件
(小山俊樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約