書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


日頃の地道で広く深い勉強が問題解決能力を育む――日本の末期的な症状に憂いを感じる人たちは本書に目を通すべき 立石弘道
現代社会の差別に指向する新たな視座を提示する優れて意義のある論集――マイノリティ研究で空洞になっていた、差異をめぐる複数の〈繋がり〉と〈争い〉 好井裕明
過ぎし日の「大人への一歩」を思い出す――少年たちの「遊び」の数々や親たちの生活へのまなざしを活写することによって、終戦期における暮らしと風景を浮き彫りにする 山井悟
時代も若かった。山谷も若かった。――一人の少女が渇き、寄り添い、同時に孕む醜悪さを嫌い、疾走した一つの人生 井出彰
高群逸枝・関口裕子の婚姻史研究と格闘し、新しく奈良時代の婚姻論を打ち立てる――「結婚」とは何かというテーマのもと、母系家族説を全面的に批判し、双系制説を打ち出す 明石一紀
「葉山嘉樹」という問題――現代、新たに読み直されるべき作家 柿谷浩一
「台所」から見えたナチスの矛盾――「公衆食堂」が今後の面白い一つの拠点になるのではないか 藤原辰史
後世まで残る名訳――まさしく書物は、それぞれに運命を持つようだ 田中博明
小説と作品論でキプリングを読み解く異色の書――伝記的・自伝的資料を文学テキストと同時進行で読む:インタビュー 『青い薔薇』をめぐって 橋本槇矩
赤軍首脳に対する大テロルの背景を解明――ソ連史上最大の謎に迫る重要な一書 室生孝徳
さまざまなイメージを触発する廃坑や炭鉱関連施設の廃墟――豊富な写真と文章で日本全国の石炭産業遺産を紹介 三輪智博
「成人儀式」としての冒険物語――一つの小説が「冒険小説」と「哲学小説」の二重構造になって同時に進みはじめる 石井光太
「マルクス主義批評」への揺るがぬ信念――イーグルトン思想への最良の入門書 本橋哲也
根源的な場を共に紡ぎ出していく場としての、女たちのテント――テントは立派な思想の言葉をもって、そこに立っている 竹内雅文
イメージは一様ではない――一般的な「北海道らしさ」を超えた「らしさ」が 藤田直哉
ろうそくのゆらめきから生まれた一冊――すべてが完璧で間然するところがない古川氏の朗読 郷原宏
チッソの創業者・野口遵をモデルに、原爆で壊滅した広島を蘇らせる――著者の並々ならぬ思いと筆力 植田隆
「近代」を「近代のまなざし」によって眺めること――「写真」「指紋法」「知能テスト」を、同じ土俵にあげて論じた点は魅力 橋本一径
「山宣」の「反骨」精神を日常という文脈から照射――激動の時代を生きたひとりの女性の記録が現在に問いを投げかける 堀江有里
「導きの星」としての、民衆の自己統治というデモクラシーの根源的ヴィジョン――今日の政治理論の諸潮流に関する浩瀚な知識と理解がいたるところに散りばめられている 千葉眞








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約