書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


復帰四〇年の沖縄差別――第三の琉球処分とは、日本帝国主義といってよいのではないか 大城立裕
沖縄から見た国策と民衆――構造的差別による第4の琉球処分がなされようとしている 知花昌一
詩の言葉で現実と内在的に関わること――詩的言語の問題に格闘してきた詩人たちの痕跡を現代に活かす 佐相憲一
教材研究の枠を越え、文学研究へ――今を生きる私たちの倫理的な課題を文学作品から引き出すスタンス 押野武志
反復する理念への投企――かつて沖縄は「近代」の支配の構造の下でも、日本という理念の方を選んでくれた 與那覇潤
日本による日本の捨石化という段階――私たちが急がねばならないのは、日本の再生でも復興でもない 新城郁夫
「沖縄写真」への意志を新たに――あえて写真を沖縄の現場に戻す 比嘉豊光
炭鉱は文化を生み出したが、原発は文化を生み出さなかった――実に鋭く激しい書名である 名取弘文
例外的に大物の革命家・陳独秀――中国トロツキー派の誕生から弾圧・消滅までの歴史を、中国共産党史家の立場からたどる 佐々木力
日本の近代演劇史のミッシング・リンクがまた一つ繋がった――まったく内容を異にしているように見えるが、じつはそうではない二冊 村井健
ディシプリンを横断していく感性――「スノッブな文脈主義」は、そろそろ卒業しよう 影山裕樹
グラフト国家の内破へ――露出する「国境」と〈内的境界〉の潜勢力 仲里効
沖縄戦下で反戦平和と敗戦主義を実践した移民労働者や軍人たち――「戦陣訓」の呪縛を超えた、彼らの思想と行動の背景を探る 三輪智博
社会主義論に、通説を超える一石を――ヨーロッパ諸国が深い経済的危機に逢着している現在、そのヨーロッパ諸国を目指すべき目標としていてよいのかという鋭い批判 村岡到
真の「慰霊」とは――6・23慰霊の日にどのように向き合い、行動するかは大きな思想的課題 高良勉
外交記録群を通して見る、大谷探検隊の新たな一面――近代国際社会の大舞台に生身で立ち向かっていく若者たちの姿がもたらすもの 稲田奈津子
マニアの共感に訴える徹底ぶり――ミステリの多様化の賜物にほかならぬ一冊 福井健太
ヘブライ文学の華――文字そのものが人間の五感に対応する風景を描き出している 富田裕
沖縄現代史の軌跡を射程に、「復帰」から「反復帰」、「脱復帰」へ――2人の写真家の作品と20人以上の論考とで、「復帰」40年を検証する 米田綱路
飲酒文化のグローバル化の様相をあぶりだしている――読み応えのある読書という豊かな「饗宴」に誘われる 飯田操








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約