書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


身体知から近世日本の教育思想を見なおす――近代教育のアポリアを浮かび上がらせる研究 吉野実
海賊という事業はけっして過去のものではない――新自由主義グローバリゼイションと海賊の関係とは 矢部史郎
学際的・フィロソフィカルな広い視座において環境倫理学を位置づける――著者同士が「論争」に関わって、お互いの主張を批判しあっているのが興味深い 尾関周二
読む者に今いちど思考することを強く迫っている――時代をとらえることを最も重要な任務としてきた詩人の証言であり記録 今岡貴江
「居場所」の確保は、「余地」を面白いと思うか、無駄と思うかにかかっている――今現在の都市のあり方に少しでも疑問を感じる人にもぜひ一読を勧めたい 下沼英由
取り返しがつかない形で継続する戦後――著者が掲げる「ポスト戦後の思想」の本格的開始 石原俊
映画をつくりかえた者たち――「一人一派」の作家たちの営みを、列伝形式で見事にまとめあげた 阿部嘉昭
3・11が開いた戦時空間――「かつて戦争があった」というノスタルジアではない全集成る:対談 川村湊×高橋敏夫 『コレクション 戦争文学』をめぐって 川村湊×高橋敏夫
高円寺と渋谷のサイケデリック地理学 (前‐2)――いずれ巨大な波濤が渋谷川を一気呵成に遡るだろう 平井玄
高円寺と渋谷のサイケデリック地理学 (前‐1)――今ほど宏大な「地理学的思考」が必要とされている時はない 平井玄
中国の少数民族・トン族の「民間故事」を聴き取り調査――挿入された写真が彼らの語りの世界を想い描く大いなる助けになる 金丸良子
人の遺伝学に関する発見の医学的応用の事例を紹介――新しいタイプの「生権力」を生きる良き市民が備えるべき基礎知識を伝える 林真理
「そもそも」布とは何なのか――あまりに多くの「もの」が溢れた現代に問い直す、布の持つもっとも根源的な意味合い 挾本佳代
超絶推理の名探偵が快刀乱麻!――謎解き重視の本格ミステリ映画が一堂に会する 芦辺拓
日・中・韓の認識と立場の違いを超え、絵本に託す平和への願い――子どもたちが大人になったとき、他国の人とも信頼関係を築けるように 浜田桂子
豊かな自然やおとぎ話を題材に、日本人の原点や誇りを説く――今、改めて考える、「共生」というキーワード 下沼英由
近代以降の「東北」の位置づけから自立したローカルへ――宮城県知事の復興計画は市場原理を相対化する社会をデザインできない 特別起稿 仙台現地からの報告 半田正樹
愛で語られるアルジェリア――女たちの声をフランス語に書き写し、フランス語で書かれた征服者たちの証言から女たちの生を幻視する 鵜戸聡
シンプルな言葉の背後から様々な心情が浮かび上がる――想像の世界を描きながら、切実な手応えがある 東直子
翻訳文学専門WEBジャーナル『Asymptote』創刊 李耀龍








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 下戸の夜
(本の雑誌編集部下戸班編)
2位 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
(ブレイディみかこ)
3位 東京凸凹散歩
(大竹昭子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 未来の地図帳
(河合雅司)
3位 ノーサイド・ゲーム
(池井戸潤)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約