書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


変わる書籍出版への道――日本ではまだ馴染みが薄い出版代理人の存在:ボイルドエッグズ新人賞について 都築隆広
歴史――迷宮としての直線――リゾームとはドゥルーズ/ガタリが提起した哲学的「概念」の別名である 松本潤一郎
現代精神医学の知を集大成――精神科医のよき連帯によってはじめて刊行に至った:加藤敏他編『現代精神医学事典』(弘文堂)によせて 加藤敏
十八世紀のイギリス小説を現代の若者にぐっと近づけた――圧倒的な力に抗して自分の尊厳を守ろうとするパミラの試練は、現代にも通じる 佐久間良子
半世紀の時の向こうに――国を覆っていた党派性の支配にたたかいを挑む力業に、声援をおくっていた 栗原幸夫
日本の思想家・吉本隆明――権力について考え続け、最長不倒距離を刻んだ 橋爪大三郎
大人の論理と子供の感受性と――吉本氏には「子供たちが感受する異空間の世界」への感性が並外れてあった 山城むつみ
思想も実践もわかっちゃいない――繭玉のように表現を紡ぐには、蚕のように静止しなければならない 最首悟
巨木、ついに倒る――生き生きした好奇心と、長年にわたり積み上げ練り上げてきた思考 粟津則雄
壮絶な孤独――吉本が身を置き続けた「境目」は「底なしの深淵」にほかならない 合田正人
詩人吉本隆明――吉本隆明の「死後の名声」のために 野村喜和夫
世界に単独で対峙する文体――吉本隆明は、近くておよびがたい思想家だった 平川克美
隆明(リュウメイ)先生を弔う――東日本大震災を契機として試されている“自立化” 川村邦光
〈疎外〉としての心――吉本隆明追悼 金森 修
吉本隆明主要著作リスト 木畑壽信・作成
追悼特集 さらば! 吉本隆明   
「転位」、転向を続けた生涯――吉本さんの死を悼む 月村敏行
人がやらないことをやることに喜びがある――写真家・細江英公、おおいに写真を語る 細江英公×光田由里
長いお訣れ――「吉本・花田論争」に対するわたしの選択 松本昌次
「死の思想家」吉本隆明――吉本隆明追悼 神山睦美








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約