書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


ある「モダニスト」の格闘――生きてるうちに歌えなかった歌を死んででも歌うことができるのか 竹田賢一(聞き手・渡邊未帆)
「彼岸視点」から「死」をめぐる現象を全方位で論じる――ロックを立脚点に、「西洋哲学」の臨界点に立つ 森下直貴
鮮やかに息づき、瑞々しい痛みを湛えた精緻な描写の言葉――記憶のイメージが、自分自身のものであるかのように生々しくうごめく 川口晴美
ジャーナリズムの哲学――半世紀以上におよぶ記者経験と思索の書き下ろし 吉野実
トヨティズムと日本的経営の内実――会社学の視点から巨大企業を分析する 米田綱路
「エンハンスメント」について、正面から批判的に考察――「社会連帯の制度」についての指摘に強く共感 粥川準二
鮮烈で美しい、現代への警鐘――アレハンドロ・アメナーバル監督『アレクサンドリア』 大和晶
世界史的大転換への応答――「社会構造の外」の民衆によって行使される暴力や「残虐」を深く肯定する 酒井隆史
今どきのフツーの高校生が、「森の名人」の知恵と技に向き合う――柴田昌平監督『森聞き』 名取弘文
占領期における女性ジャーナリズムの動向を多角的に分析――占領期検閲の実態を知る上でも重要な研究 加藤敬子
人間に普遍的な基盤としてメランコリーを据える試み――スケールの大きな思想を鷲掴みで提示する迫力を持つ 村上靖彦
五つの外交・武力戦の複合戦争として第一次世界大戦を捉える――日本にとってこの戦争がもった意味を解き明かす 奈良安友
一回性の個の実存を大切にする能動的ロマン主義――人間の恋愛と信頼への新鮮な感情を思い出させる詩集 佐川亜紀
〝誇り高き〟バンカーたちの〝卑俗〟な暗闘――日本型企業社会の歪みが浮き彫りになる生臭い人間ドラマ 山田宏明
ベートーヴェンは芸術には限りがないことを知っていた――作品それ自体に本質を見出し、ベートーヴェンを再構築する大著 下山静香
抗う者たちの肖像――八人の語り手が天皇制や差別の重層的構造をめぐり卓抜な日本社会論を展開 金富子
ことばは「獲得する」ものではなく、文字通り「生まれてくる」――子どもの具体的な観察によって、ことばへの過程を描き出す 浜田寿美男
縫いこまれない声はないという成熟した磁場からの声――畏怖という感情に入りきらない慄きが貫いている詩集 宋敏鎬
世界的な業績といっても過言ではない大著――異質なものを排除しないウォルトニアンらしい寛容さをもつ 武田将明
挨拶としての詩集――語り手としての一人称の、一点の空白に前進をみる 堀江敏幸








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約