書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


百年の果てに開花する、真の「藝術」の救済力 「光州民衆美術」の21世紀的現在 山口泉
悪夢は個のものではなく、全ての人が共有する断崖なのだ――夢とうつつのあわいに発せられる泡のことば 井坂洋子
アメリカの大学の独自な性格と、フレンチ・セオリー進出の関係――米国保守派のかっこうの標的ともなっていったフレンチ・セオリー 桜井哲夫
韓国から客観的視点に立って見た北朝鮮の歴史――東アジアの平和は米国の介入のないところで成り立つ 信長正義
政府の経済政策を批判的に回顧し、「国民福祉論」を提示――ベーシック・インカム論批判やファシズム論など新たな知的挑戦 結城剛志
福祉や人権のために働く者としての原点を思い起こさせる一冊――野宿者に関わる裁判や法律問題に対するこれまでの取り組みと、今後に向けての課題 鈴木忠義
ロシアを鏡として近代日本の異文化理解・受容を探る――文学作品の翻訳史や人的ネットワークの形成史 Y
昭和戦前期のモダニズムを代表する美術評論家の全体像――人格主義と機能美、商業主義と現代芸術の融合点に立った先駆性 O
下の下の民衆へ溶け込んでゆく僧たちの描写の迫力――円熟した作家の力量を垣間見せる 井出彰
保田與重郎の「近代の否定」とは何か――普遍性は真に潜在的なもののなかにしかない 前田英樹
文学研究の側からイメージ論に切り込んでいった意欲的な著作――言葉とイメージとの遊戯的結合術が存分に紹介されている 山内志朗
スキャンダル・ジャーナリズムから硬派の出版までを網羅――出版に関心を寄せる読者にとっての座右の書 米田綱路
誠実で客観的な多文化アメリカ文学論――背景が丹念に調べられ、文学論であるとともに文化論になっている 荒このみ
待望された日本戦後美術のパフォーマンスの研究書――日本の六〇年代研究の先端的役割を果たしている 宮田徹也
運動自体に内包する多種多様な権力関係をいかに超えていくか――ある種の停滞性を余儀なくされてきた反グローバリズム運動 久保隆
一アイルランド女性の「反逆者精神」を秘めた魂の活動――困難な時代に、人生の豊かさを模索するすべての人々を鼓舞する 佐藤容子
故郷を失った夫婦が生涯添い遂げた愛の物語――人間は互いに補い合って生きているというメッセージ 渡辺国彦
「私」をめぐる格闘――多孔的表象分析の醍醐味 原克
有島武郎の小宇宙――有島が意思したであろう彼自身の世界観ともいうべき生の軌跡が、鮮やかに眼前に立ちのぼってくる 中川成美
だってさあ、馬鹿だから。――おそるべき手際に何度でも改めて戦慄するべき、名作 円城塔








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約