書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


植民地支配の下で苦難の人生をたどった記憶の水脈――在日夫婦の物語、母の人生への想い……を未来へと伝えていく 小林孝吉
独ソ戦でのドイツ軍敗北を導いた情報提供者は誰か――古代エジプト、中国から二〇世紀にいたるスパイの暗躍 川成洋
「現にこの生を生きている!」存在論的当事者論へ――端的にさばさばした「無記」のあり方が重要ではないか 内藤朝雄
〝スピリット〟という視線で「霊」を的確に捉える――人の生と死を媒介に往還していくものとしての「霊」 黒川類
日本国の地上で生きてきた在日の内面史が克明に描かれる――在日の問題は日本語で書かれてこそ真価を発揮する 倉橋健一
膨大かつ難読で知られた倉富日記の翻刻事業が結実――近現代日本の裏面史を解き明かす、第一級の史料 米田綱路
「脱領域の知識人」の思想的自叙伝――自称「何でも屋」ならではの懐の深さ 郷原宏
類書のない秩父文化複合が眼前に出現――諸学問領域の壁を越境する学際的な研究 松村一男
数奇な運命を生きたアイヌのメモワール――元特務諜報員のオリジナル手記が、いまここに甦る 米田綱路
「いま」「ここ」を起点としながら、公的な共同的世界をどのように構築するのか ――柳田国男論における昭和初年の数年間の意味 岡部隆志
三井家・三井財閥を追ってのユニークな本――女性たちや出会った人たちに興味ある記述 奥村宏
生命をもった文学史を――『アメリカ文学史』(松柏社)刊行によせて 平石貴樹×亀井俊介
革命への「理路」からのさらなる跳躍をうながす思想のコレオグラフィ(舞踏術)――「孤独な戦い」のなかに出現する「極小のチャンス」こそ「文学」=革命のはじまりとなる 白石嘉治
情熱と志がみごとにアマルガム――ヴィヴィッドに描き出される、芥川の盟友の人生 安森敏隆
豚飼いと戦災孤児たちをとりまく生命の物語――生あるものは全て、最後には死ぬ運命にあるという厳しい現実の再認識 金子民雄
もっとも読本らしい読本がいかにして成立したかのドラマ――今後の読本研究者が必ず参照する重要な文献になるだろう 飯倉洋一
理論の前に心がある――経験知というものについての特別な感性 千葉正健
ごく真っ当な学生運動――なぜ「拒否権」という成果を全国の大学闘争が学び、真剣に共有しようとしなかったのか ふとらのぶゆき
真に「学派」の名に値する貴重な集合的知的営為の達成――新しい知的営為の可能性を模索しているすべての研究者に 梅森直之
自らの言葉をどこまで剥き出しに出来るのか――批評の眼差しを満載して、不穏なたたずまいを示す一冊 林浩平








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約