書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


現代日本の子育ての混迷は、どこに真の原因があるのか――子育ての現実を徹底解析し、育児指導の問題性をえぐる 田中喜美子
日本軍性奴隷制に立ち向かうフェミニズムの思想を提示――女性国際戦犯法廷から10年、厳しい時代状況の道しるべに 菊地夏野
政権のゆらぎは民主党の生来のねじれにあり――「小沢問題」を奇貨としてねじれを解きほぐせ 世界への視座・日本政治 前田和男
“ワイヤレス”の時代――自らが作りだした道具によって、本来の時間と空間を失った結果、動物としての人間はどのような変化を遂げるのか 西江雅之
現代詩と定型をめぐって(「未來」「第2次未定」)、定年退職後の出口の見えない日常のリアリティ(小久保修「半夏生の頃」『海』)、暗号のようなおまじないの物語が読ませる(辻純子「ふりこ」『飢餓祭』) たかとう匡子
懸念される経済回復の反転 経済・金融危機とそれを介して進展する国家財政危機――地に足の着いた回復は可能か 世界への視座・世界経済 伊藤誠
新年特大号 貧しいほうが間違いない――小沢昭一氏が語る、小沢昭一お正月 小沢昭一
新春エッセイ またひとつ楽になる――「抱負を決めない」が抱負になったりするのかもしれない 角田光代
危機のヨーロッパ・2010年――EUそのものの構造的矛盾 世界への視座・ドイツ 高橋順一
歓待の映画――ジャン=リュック・ゴダール監督『ゴダール・ソシアリスム』 谷昌親
「地図作成」としてのバルガス=リョサの作品――「全ラテンアメリカで未解決の問題」である先住民の解放問題を扱った『ケルトの夢』:年末文化・文学回顧 ラテンアメリカ 安藤哲行
沈黙する術を学ぶこと――フランス本国に引けを取らない、日本での優れた研究成果が多数 年末文化・文学回顧 フランス 郷原佳以
草も木も成仏する世阿弥のパトス――梅原日本学の根源を揺さぶる世阿弥の世界 太田代志朗
「他者」の存在がもたらす文学への影響とは――過激な反ユダヤ主義を描き出したウンベルト・エーコの第6作『プラハの墓地』:年末文化・文学回顧 イタリア 橋本勝雄
韓国の苦難の歴史を、勝れた知性によって文学に昇華――南北分断の暗部を剔抉。主体的尊厳とその心の闇を描く 河田宏
かつての彫刻鑑賞の在り方まで想起させてくれる優れた研究書――触覚を強く喚起する彫刻作品の魅力に迫る 上村清雄
10年下半期読書アンケート 城戸朱理、道場親信、川本隆史、清原康正、金森修、荒川洋治、上村忠男、船戸満之、佐々木力、小倉英敬、高橋英夫、細見和之、青木孝平、鈴木創士、伊藤正敏、四方田犬彦、崎山政毅、新城郁夫、坂野徹、石原千秋、森浩一、巽孝之、竹中佳彦、鶴見太郎、天笠啓祐、澤田直、中村邦生、島谷謙、小倉孝誠、布野修司、野上暁、高橋敏夫、川村邦光、小池昌代、郷原宏、天沢退二郎、加藤一夫、塚原史、神山睦美、中金聡、天野知香、稲賀繁美、藤沢周、柏木博、古賀徹、福本英子、安田敏朗、佐藤泉、阿木津英、中井久夫
神・大戦・格差社会――二十一世紀社会への転換に備えるしなやかなイギリス文学:年末文化・文学回顧 イギリス 原田範行
活気を取り戻しつつある台湾電影――第23回東京国際映画祭レポート 大和晶
詩と童話の境界を越えた《童話詩》の世界に誘う――擬音が効果的、詩語が瑞々しいまでにイノセント 植田隆








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約