書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


「歴史」というものは、動態的なものだ――明治近代以降から現在までのわたしたちの東アジアに対する視線は、「歴史を鑑と」することを忘失させてしまった 皆川勤
品種改良の歴史を読むことは、私たちの来し方行く末を考えること――豊富な歴史的事実から、新しい問題系が浮かび上がってくる 藤原辰史
数量的かつ客観的に著作権を検討する――著作権問題に関心がない読者にとっても、無視できない状況が強まりつつあることを教えてくれる 白田秀彰
あなたを忘れない――愛と生の思想家 新田啓子
「真相」の皮肉さ、やりきれなさが読者にとっての「世界」の足場を崩す――普通小説やサスペンス小説の装いに隠される、本格ミステリとしてのサプライズ 千街晶之
何もかもを書き尽くす意志は生と死の境界をほどく――写生俳人という既存認識の枠に葬られた子規の散文に光をあてる 菊井崇史
法的・法思想史的主題に関わる数多くの文芸作品を解説・論評する――茫漠たる現代社会・現代人についての注目すべき著者の認識 長尾龍一
エレメントに触れる詩――文明をまたいで循環する自然の様相に深く視線をそそぐ 蜂飼耳
壮絶と呼びたくなるほどの美しい文章で淡々と、克明に描写される収容所の日々――言葉の遣い方が、独特の繊細さに裏打ちされている 松永美穂
シモーヌ・ヴェイユの示す二つの道と宇宙――哲学の歴史的探究と宗教的本姓の把握との直接的な結合体 黒住真
原発と被曝労働の真実を撮る――樋口健二氏に聞く、『原発崩壊』ほか 樋口健二
列島を憂えて「革命」を画策し、「大陸」に思いを馳せるロマン――著者のエネルギーの源泉と秘話が独特のユーモラスな語り口で 古沢俊美
今も鋭く芸術とは何か、を問い続けている――板橋区立美術館「池袋モンパルナス展」 小野沢稔彦
ミュージシャン同士の「魅力的なつながり」を一望する――音楽の創造を、ミュージシャン個人の内面の問題にとどめない基本的な姿勢 上村寿幸
朔太郎の詩魂はなお生きて訴えかける――世田谷文学館「生誕125年記念 萩原朔太郎展」をふりかえる 林浩平
華やかな探検・発見時代における、生命を賭けた冒険行――半ば忘れられた真実を、過去と現在の新しい目で評価させてくれる 金子民雄
20世紀の「過剰発展」という課題――ユーロ消滅とEU解体の瀬戸際に来ている世界経済の危機は日本の原発事故と構造的に同一である。EUは今、金融資本のグローバリズムと人民主権の原則の衝突が世界でもっとも克明に演じられる舞台になっている。 関曠野
新年特大号 山折哲雄氏インタビュー:海と山のあいだで――地球の運命、五十億年の「無常」 山折哲雄氏
小説は書かれるだろう……攻勢のために――不可能殺人を巡る仕掛けと謎解きの綺譚推理小説 丹生谷貴志
「私はこのシステムが嫌いだ」――ハンガリーを揺るがす新たな歴史 世界への視座:ハンガリー 増田幸弘








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約