書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


移動する人びとを重層的に描く海洋曼荼羅――文明の十字路・熊野の海の文化史 和賀正樹
音楽パフォーマンスの双方向化に向けた問いかけ――伝統的な「男性」支配からの音楽世界の解放は可能か 相澤正己
文学と芸術について絶望することの不可能性――ブランショの非人称的なエクリチュールの体験を追いかける 中田健太郎
「エディトリアル・デザイン」の根源――「気脈」が脈動する杉浦デザインの深奥に迫る:杉浦康平氏インタビュー 杉浦康平(聞き手・赤崎正一)
麻薬と陰謀によって描かれる暗黒社会アメリカの地獄絵――六〇年代のもう一つのアメリカ史が浮かびあがる 越川芳明
石巻からの悲鳴と怒号と叱咤が聞こえる――東日本大震災の最前線で苦闘する災害医療の優れた「戦記」 井上春樹
「暴力」を包囲する――なぜ学問は越境しなければならないのか 佐々木寛
子ども社会主義――子どもたちが大人の世界に別れをつげている。ご機嫌よう。 栗原康
多様な角度から考察される舞踊学のいま――我々が繋ぎ合わせる記憶こそが、ダンスを成立させる 松崎未來
欺瞞の時代を乗り越えるには、辛抱強く寄り添いあうしかない――脱原発は先が見えないと、焦ったら私たちの負けである 竹内雅文
ホームズは事実上の共犯者?――ホームズ愛好家、ミステリー小説ファン、そして、ミステリー小説ファンを軽蔑している人にもぜひ読んでほしい 小池滋
本と現実が相互浸透し、時間と時間、場所と場所が重なっていく――多くの人びとが「難民」となっている経験を、どのように生きるか 東琢磨
芸術家たちが静かに語った創作の秘密が輝いている――世界各地について同様の本が待ち望まれる 志賀信夫
私たちは、子どもになんと説明できるだろうか――今関あきよし監督『カリーナの林檎――チェルノブイリの森』 名取弘文
ついこの間までの私たちの暮しを思い起こさせてくれる――六つの短編に見る、時代を超えて描かれた豊かな人物像 梶葉子
発掘された西高穴大墓について最も依拠すべき網羅的著作――安置時の曹操墓の有様を髣髴させスリリングな描写 川本芳昭
出版史上最大の言論弾圧事件の意味を問い直す基礎となるドキュメント――事件の発端から二四年におよぶ再審請求の歩みまで、全容を網羅した資料集成 米田綱路
えっ!? 百億円払って得た眼力?……画家、尹鉉植の場合 鴻農映二
脱原発へ向けた自然観を創りだすための指針――近代的自然観の転換をうながす思索の書 三郷豊
猫をとおして真実を見つめようとする――擬人化されず描かれた猫が照らし出す、人間の生の輝き 杉本真維子








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約