書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


我々が日常的に用いている「言葉」そのものの本質を腑分けして提示――日本の文化と言葉の関係が本質的に解き明かされることを、期待したい 藤田直哉
媒質という視点からベンヤミンの歴史哲学の本質へと迫る――多様な思想的文脈とベンヤミンの歴史哲学との結びつきを解明 高橋順一
棄てられた「いのち」の「六〇年代史」をとらえなおす――「3・11」後に示唆を与えるラディカルな思想群 とよだもとゆき
歴史の過誤と向き合い未来の自己像を探る――朝鮮人の心に寄り添って生きた愛媛の人びとの抵抗の精神 田中佑雲
日本人が殺されるか、エリートたちをその地位から放逐するか、この国の運命は二者択一――「原子力ムラ」の生命を維持する根本栄養素は人事である: 寄稿 「原子力ムラ」と仲間うちの論理 内藤朝雄
二一世紀視点の「未来の思想」――人類の諸問題をも洞察する未来像を構築する話題作 巽孝之
二一世紀視点の「未来の思想」――人類の諸問題をも洞察する未来像を構築する話題作 巽孝之
かけがえのない命の強さこそが文学に託されたひとつの希望である――小さな命を懸命に守ろうとする大人たちが差し出す、手と眼の温もり 八木寧子
新たに読みつがれる被曝労働者の記録――深く響く福島第一の原発被曝者の証言 桜井裕三
炭焼長者譚の伝承世界を探求し民俗学の面白さを伝える論集――東アジア全体を視野に入れた比較研究の成果 鈴木正崇
今こそ求められる、素朴な感覚に基づく取り組み――本書の刊行が、もう少し早ければと思わずにはいられない 村井健
現代のジェノサイドはどう捉えればいいのか、いかに防げるのか――個別の紛争研究をジェノサイド研究という枠組みに統合する意図をもつ 矢野久
脳の機能における「一般法則」を提唱――科学者の姿勢を問い、脳のモデルの変遷が、人間の社会活動、コミュニティの中で形成されるものであることを教えてくれる 菅野康太
アルトーについて考えうる本質的な問題の出発点かつ終着点――病者アルトーとの不可能な対話そのものとしての哲学的エッセー 大坪裕幸
「反劇的な」諸要素によって構成された「劇映画」――福間健二監督『わたしたちの夏』 阿部嘉昭
「偉大な世紀」の演劇――十七世紀の演劇ひいては文学全体への正当な評価と関心が高まることを期待したい 小倉博孝
昔話の伝承は「地域の言葉」も伝承する――語る・聞く、書く・読むの間隙を埋める道筋をつける諸論考 村木哲
間然するところなき縞の追跡劇――縞は産業、意匠、歴史の扉をひらく 森山明子
心の通い合う地域を創る労働運動――大和田幸治氏(港合同)に聞く 60年代・70年代を検証する(第20回) 大和田幸治(聞き手・小嵐九八郎)
アートの最も原初的で普遍的な源泉としての声と身体にたちもどる――プリミティヴな美の表現に対する細やかな感受性に支えられた探求心 渡辺公三








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 野垂れ死に
(元木昌彦)
3位 木になった亜沙
(今村夏子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 五・一五事件
(小山俊樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約