書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


他者との感覚のキャッチボール――細部に目を届かせた鮮やかな描写が、日常性を際立たせ、ファンタジーの要素を程よく和らげている 文月悠光
下請け労働者の被曝労働を体験的に記録したルポが甦る――三十数年前の福島第一原発の記述と現在とが二重写しになる 米田綱路
強度と速度で詩の先端を駆け抜けた女性詩人の軌跡――もっと生きて詩を書きたいという魂の叫びが伝わってくる 寺田操
地域とジェンダーという切り口で現代日本の教育実践を明らかに――格差問題に取り組み、背景を踏まえてデータを読み取ろうする姿勢 岩間暁子
性のタブー化が人を傷つけ合う関係にむかわせる?――生徒たちによりそおうとする先生たちの真摯な取り組み 三村洋明
我が国で出版されたはじめてのキューバ「通史」――社会主義体制に特有の「胡散臭さ」は皆無といってよい 川成洋
近代人はいかなる方法で社会のあり方を「想像」してきたか――近代に生きる人間が近代の理解を達成しようとする試み 下川潔
まずは足元から見直そう――第64回カンヌ国際映画祭レポート 大和晶
自然と人間との親和を求めた尊徳の思念は啓示的――戦時中・戦後にアメリカは尊徳をどう位置づけたのか 村木哲
日本というシステムのグロテスクさ――それでも、致命的な災害から身を守ることは不可能ではないと信じなければ 藤沢周
民俗学の原点は旅にあるのだと、改めてしみじみと思う――『海南小記』の短い章節の一つひとつから、柳田国男の真摯な「問いかけ」を読み取ろうとする 永池健二
地震予知はできない――内部からの反逆のメッセージ 泊次郎
『日本書紀』の謎を解き、藤原不比等の介入を明らかに――二段階にわたる編纂過程を詳細に跡づける 奈良安友
「かよわい見張り」の書きのこした渾身の言葉――人生を急いでいる最中に帰らぬ人となったモダニズム詩人の軌跡 渡邊十絲子
残酷なまでに清澄な倫理の発露――渡邊世紀監督『VEIN‐静脈‐』、『人形のいる風景 ドキュメント・オブ・百鬼どんどろ』 阿部嘉昭
天皇制国家論の系譜を批判的に検証する気魄の一書――明治維新から現在まで変幻自在に浸透する天皇制の解明は、なお課題 井竿富雄
情報の透明性をめぐる「システム」と「主体性」について――情報社会の最前線に見える対極的な二つの要素 塚越健司
「共同体に抗する共同性」とは――大震災後に村上春樹の作品を読むとはどういうことか 宮澤隆義
聖なるものとしての原子力発電所――卒業設計「豊洲6丁目」は新しい意味など獲得せず、時代遅れのテーマのままでよかった 五十嵐太郎
われらが同時代人、大島渚――「死者よ来たりて我が退路を断て」…… 小野沢稔彦








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 野垂れ死に
(元木昌彦)
3位 木になった亜沙
(今村夏子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 五・一五事件
(小山俊樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約