書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


下町の古本屋の懸命な好奇心――独学の意欲があれば古書の世界は一生学校だ 内堀弘
文献学による幻想小説――全集を引かずにすべての引用作品を挙げられる人は、日本に二人いるかどうかというところだ 多田蔵人
映画人の波乱に満ちた人生軌跡――「植民地近代」という表現空間の中に日朝映画人の交流・葛藤・苦悩の軌跡を読みとる 佐々充昭
これこそ「ウチナーンチュ」――親の家を離れ、一人沖縄の高校に進んだ少女はたくさんの人に会い考える 名取弘文
着想をする「自分」と「書く者」のずれ――感文一致を夢見た者たちの闘いは、いつも孤独だ 乗代雄介
新たなる分身としての「フーコー」を、出来事として生み出す作業――「マルクスへの表面的な拒絶」に惑わされることなく、フーコーをマルクスの正統な継承者として評価 栗原仁
この世にウィニコットを蘇らせる――三十年以上にも及ぶ、著者の魂をかけた試みから編み上げた書物 吉田圭吾
今を顧み――支配という事実に対する人々の反応がひとつひとつ描かれてゆくところにこの小説の読みどころがある 高原英理
長距離ランナーの奇妙な孤独――相手を「いま」と「ここ」に引き込もうとする話者が眼の前にあらわれる 千葉文夫
『源氏物語』を継ぐ作品達、その魅力と交響――物語と和歌をめぐる、王朝文学の旅 大塚誠也
なまなかの教育書を超える、周到に計算され尽くされた「メタフィクション」――教師をなりわいとする者、また文学に関わる者に等しく新たな力を与えてくれる書 中山弘明
ギャグのひとつでも言いたくなる悲惨な現状で――同じ過ちを繰り返さない未来を作る役割を担う本 金村詩恩
「スポーツ運動」の実証的な歴史叙述――史実を明らかにした基礎文献としての地位を、本書は揺るぎなく確立した 市橋秀夫
悲しむ者にどう語りかけるか――韓国文学の「当事者性」 渡辺直紀
現在の規範に違和感を抱くすべての人びとの連帯へ――美容という個々の実践を通して、まずは自分自身を肯定する 楠田ひかり
死刑執行もまた、国家による殺人である――手に染めた犯罪行為にたいし真摯に向きあいながら、被害者、遺族の気持ちに思いをよせている 宗近藤生
左右に偏らない中道健全な河合思想――現代日本社会において必要不可欠な大きな灯台 川成洋
『アンネの日記』の作者の歩みと時代背景――アンネ・フランクの生涯を臨場感をもってえがく 川上登
アーサー王物語の大きさ、寛容さ――文学からサブカルチャー、そして再び文学へ 黒川宗之進
日本語の特質全般を英語の叙述に結晶――研究や教育への意欲をかきたてられる本 田中牧郎








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約