書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


「韓国併合」100年に、140年の東アジア侵略史を問う――シリーズ第五回 証言/日本の「韓国併合」100年を掘り起こす 徐勝
これまでまったく知らなかったランスロットが活躍する、謎に満ちた作品――エンターテイメントとしての騎士物語という新たな側面を見せてくれる 一條麻美子
軍による「慰安所」管理は紛れもない事実――シリーズ第五回 証言/日本の「韓国併合」100年を掘り起こす 松原勝
アメリカもジハード主義者も勝者にはなれなかった――学術的な香りを残しつつ「スパイ小説」のような趣きも 臼杵陽
民族主義とナショナリズムが融合した束の間の時代を描き出す――政治的イデオロギーに偏執することなくムッソリーニと建築との関係を明らかに 長谷川章
小さな虫がその生きざまの中で発しているシグナルを読み取る――地球温暖化という混沌の先に見える未来を丁寧に予測する 横山潤
新自由主義グローバリゼーションは、世界中で生活の風景を書き換えている――世界資本主義を見るための視座をどのようにとり直していくか 矢部史郎
今日的な問題の本質により近づくために――分野別索引で重要問題の社説をどこでも、いつでも読み比べることができる 羽島知之
預言者ムハンマド像に関する、現存する最古の伝記――アラビア語原典初の完全邦訳からアラブ・イスラーム文明の源を辿る 辻明日香
ロマン語の形成における内的発展を通時的に記述する――ラテン口語とラテン文語の相違は文体的なものに過ぎないという考え方 中山恒夫
いまだに芸術は「至高」か?――もう一度アドルノに立ち返る必要性 古賀徹
情熱が演劇を動かす――著者の演劇に対する熱い思いが伝わってくる 高橋宏幸
福澤諭吉の「近代化」構想を支えた「地域」の「ミッズル・カラッス」たち――「今日の地域の惨状」をどう考えていくのか 渡邊勲
決して過去のものではない根本的な問いかけ――大きなアメリカ文化史の流れを記述した重要な一書 小林剛
バリケード空間に広がっていたのは「自然法爾」の世界だった――「自己否定」論の自閉を突破する道筋を親鸞、西田幾多郎に探るユニークな総括 とよだもとゆき
「日米ふたつの眼球」をもつ写真家――今後石元泰博について論じる時の基点になっていく「評伝」 飯沢耕太郎
現代の父・母・子の関係を見直すポイントが潜む――歴史叙述や物語・説話・和歌といった文芸作品にまで及ぶ、幅広い目配り 小嶋菜温子
人類に対する犯罪、「階級浄化」の真相――事件から七〇年、新資料をもとに背景を究明 米田綱路
何かを探す人々の生は、旅そのもの――日々変わることのない作業のなかに、変奏がもたらされる ペドロ・コスタ (聞き手・構成 土田環)
1000社が出展、会場は様変わり――熱気にあふれた「デジタルパブリッシングフェア」 矢口進也








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約