書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


昔話の伝承は「地域の言葉」も伝承する――語る・聞く、書く・読むの間隙を埋める道筋をつける諸論考 村木哲
間然するところなき縞の追跡劇――縞は産業、意匠、歴史の扉をひらく 森山明子
心の通い合う地域を創る労働運動――大和田幸治氏(港合同)に聞く 60年代・70年代を検証する(第20回) 大和田幸治(聞き手・小嵐九八郎)
アートの最も原初的で普遍的な源泉としての声と身体にたちもどる――プリミティヴな美の表現に対する細やかな感受性に支えられた探求心 渡辺公三
現代インドの女性たちは何を選択し何を模索するのか――インドに関心を持つ研究者以外の読者にも強く推したい 栂正行
諸問題の中心にあるアメリカン・グローバリズム――利潤決定式と呼ばれる一本の基本式から展開して重要課題を解明 櫻井公人
世紀をこえて明らかになる稀代の政治家・思想家の性格と行動――日本語で書下ろされた一つの文学作品として読まれるべく、文体に工夫 『バンジャマン・コンスタン日記』を翻訳して 高藤冬武
分裂を苦しまない幸福な視線――自分が惚れ抜いた文学者の世界だけを、読み解くこと、位置づけることに力を尽くした梶木剛 北川透
まさに樺太の純粋少女を見せてくれる――自分の中に流れている母の血と性格との格闘を描き切る 工藤正廣
1970年代の近代建築批判とは何であったのか――そして、「建築少年たち」は大人になれたのか 松隈洋
「夢」や「希望」ではない宇宙開発の実像を描き出す試み――アジア諸国の宇宙開発が詳細に論じられているのは大きな魅力 細谷雄一
沢木耕太郎、初の短編小説集――ノンフィクションの名手が挑戦した新しい領域 井上春樹
東シナ海の首飾り――神と人とが近い場所で暮らす島々を舞台とした物語八篇 中沢けい
当事者としての介助者――「障害当事者」の視点を踏まえながらも、これまで脇役であった「介助者」にフォーカスする 荒井浩道
「木は鳴いて寝る」と彼らは言う――一人ひとりの木地屋が全き人格として、木と向き合う姿がそこにある 竹内雅文
イデオロギーとユートピアを一つの概念枠でセットとして捉える――相互の螺旋的好循環をはかるよう努めることが課題とされる 柳内隆
ロマネスクな小説的な人、ロベール・ブレッソン――『少女』は、芸術創造とは何かをも語った小説 アンヌ・ヴィアゼムスキー・筒井武文・万田邦敏(司会・土田 環)
多様化する外国籍住民に目配りした貴重な調査研究――人身売買を指摘される日本の外国人受け入れの実態が問われている 内海愛子
ピンク映画館には活気あふれる映画人の作品が輝いていた――出演女優や男優、監督たちが語る日本映画史 皆川勤
探偵小説の落穂拾い――書誌学的新発見がミステリをいっそう面白くする:対談 横井司×郷原宏 「論創ミステリ叢書」第5期完結によせて 横井司×郷原宏








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約