書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


ジャズ小僧は、ロックバンドとは魂のありようが違うようだ――十代でロック魂を持てないと、後から湧いてくることはなさそう 細川周平
抵抗が無効化された世界で――近代の延長に現れた呪縛を目に見える形で意識し、更新するための論理を準備している「タダイマトビラ」(村田沙耶香、『新潮』) 内藤千珠子
世界でも初の総合的研究書――北の海に展開する社会のすみずみまでを見事に描出 斯波照雄
辛亥革命百年に戴國煇を!――重層するアイデンティティーに根ざす探求が 横地剛
「空想身体」と「現実」をめぐる骨太な理論の書――「不安」の現象を導きの糸とする研究 田口茂
1972年はカメラマンにとっても特別な年――時代にとっても若く、熱かった 井出 彰
ポピュリズムとデモクラシーをめぐる問題提起の書――ポピュリズムのポジティヴな側面に光を当てる 井上彰
何も持たない人間の「正義」への闘いの物語――東京セレソンデラックス公演『傷-kizu』 福田磨理子
核に汚染された内部で書かれた最初の詩――東日本大震災の記録としても不滅の地位をすでに約束されている 中井久夫
戦後日本の社会学の歴史をも物語る自伝――著者自身の「思想としての社会学」を描いた力作 片桐雅隆
秋元松代の戯曲の時空間へと旅し探訪しようとする試み――秋元戯曲の構想した「異界」が求められているであろう現在 川村邦光
グローバル時代のビルマからの声――当事者の「肉声」にいかに耳を傾けるか 久保忠行
近代日本フェミニズム史に屹立する山川菊栄――明治以来のフェミニズムの検証と継承に不可欠の全集 水田珠枝
昭和二十年代、貧しくても濃密なコミュニティがあった――小豆島の暮らしの場が分教場であったある親子をめぐる物語 植田隆
グローバル時代のビルマからの声――当事者の「肉声」にいかに耳を傾けるか 久保忠行
原発安全神話を覆すジャーナリズム復活への宣言――言論抑圧と御用学者が生み出した福島原発事故を根源的に見据える 清水竹人
具体的な問題を取りあげ、実証的に多角的に中国のマスコミを考察――「ゴミ」にならない中国の報道を見つけるための重要な手がかりとなる一書 劉燕子
途上国の人権を侵害するグローバルフードシステム――動植物の健康、生産現場での労働の保護なしに「食の安全」はない 宗近藤生
世界に向けて普遍的なメッセージを帯びる映画――先住民の都市化は海外とも共通の問題 森谷 博 (聞き手・鈴木義昭)
ニーチェの修辞学、および修辞学そのものの長大な伝統に接近するひとつの道が拓かれた――孤立無援の状況のなか、ニーチェが行った古代の修辞学に関する文献学の講義を紹介 村井則夫








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約