書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


「言論の自由」がデンデラの活気をつくる――縄文ワールド、縄文イズムを描く 天願大介×田辺秋守
無力な個人を疎外する社会システムに対する懐疑的なまなざしを内に秘める――「室内」というテーマを結果的に脱構築していく 舌津智之
「抵抗」して生き残れ――特別寄稿 渋谷望氏 原発災害とR・ソルニット『災害ユートピア』 渋谷望
愛と裏切りのシチュー鍋――人々は世界を吸い込んで意味を吐き出し、意味でもって人生や歴史というキャンバスを塗り継いでゆく 小山太一
和平には旅と自然といい人生――文章を通じて立松和平に会っているような心地にさせてくれる三冊 夫馬基彦
研ぎ澄まされた優しい言葉で描き出される動物たちの世界――この本の持つリズムは、母親の言葉のリズムだ 福田磨理子
カントやマルクスの構想に理想の共同体を見出す――『資本論』を精緻に解読し、生産と消費を共同性の円環と捉える 久保隆
無数のふつうの生活に、イタリアの真の魅力がある――短篇小説のようでもあり、小粋な映画のようでもある 八木寧子
資本-貨幣-欲望の生成プロセスを解く重厚な論究――脱商品化の政治経済的プログラムはいかに書き込まれうるのか 結城剛志
辞書の編纂は訓詁の学であることに気づかされる――英語辞書の歴史を収録語彙の分析をもとに実証的に研究 松元浩一
普天間基地移転問題は今後も必ず浮上する――沖縄本島にある28の米軍基地を全て写真に収める 孫崎享
ハンガリーにおける窮状と危機――権威主義国家・メディア・哲学 高幣秀知
迷いや割り切れなさそのものを大切にしたい――人が生きる過程を支えようとする営みは、根本では同じ 三井さよ
インド主義のなかで宗教の全体性を再発見した功績――読みものとしても第一級のおもしろさがある 原宏之
バラードの魅力、この抜け難い循環の味わい――読者に対して、読者自身を囲む「現実」への異化の視点を植えつける 藤田直哉
映画とは、驚きへの、世界への窓口――映画を見続け、その正体を知ろうとして評論や批評を読み、また映画に向き合い、その上で自分が向き合っているものが大いなる謎であることを理解しない者に、映画は語れないし、作れない。 古澤健
神話は絶えず〈変奏〉を生み出すべく定められている――人間が世界に抗して生きていくための装置としての「見えない神話」 松村一男
キリスト論形成における相克と包括を活写――神学者もまた一人の「信」を抱く者として苦闘している 黒川類
福本和夫がいま、岡倉天心に連なる日本近代思想史の系譜に甦る――「27年テーゼ」に限定されない、その思想的広がりと可能性 清水多吉
ヨーロッパ史の一つの転轍点としての「ニーチェ」――ニーチェこそ、広く社会史や文化史全般のうちに捉え返され評価し直されねば 須藤訓任








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約