書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


最良の批評的眼差しが息づいている――現在、美術史・批評を真剣に考えようとする者にとって避けては通れない著作。翻訳、訳注、訳者解説、どれも素晴らしい 林道郎
百科事典は万能ではない――読み手の姿勢に工夫が加われば、事典は50音順の小宇宙となり知識の羅針盤となる 大垣貴志郎
チェルノブイリ原発危機以後のロシア作家によるポスト・アポカリプスSF――モーロックという存在の中に、不敵でたくましいロシア気質の魅力を見いだす 小谷真理
スピノザとともに歩く必然の時空――「方法」を見出すはずの時空を理解するように促す 永野宏志
「トリックの森」に迷い込む感覚を楽しみたい一冊――謎の数々が次々と解かれていく展開は眩暈を感じさせるほど 諸岡卓真
騎士とは過去の遺物ではない、時代を超えた理念であるのだ――誰もが夢中になった「図鑑」が、大人の楽しみとして戻ってきたよう 一條麻美子
一家族の苦難の歴史を通して韓民族の恨を描く大河小説――女語り部、朴景利が韓国固有の文化を熱情をこめて伝える 河田 宏
「美少女」は傷つき深く悩んだ――叛乱の季節のひとつの証言、だがあの時代を特権化することに意味はない とよだもとゆき
大厄災に見舞われた日本の今日的状況をも言い当てた思想――知能を破綻させるものこそが、知能に創造性をもたらす 神山睦美
東アジアの位相からとらえる日本列島の古代時間――過去と現代を巨視的に考察する考古学の本領を示す 皆川勤
アイデンティティ喪失の時代に、その本質を優しく解く――社会構成主義や感情社会学等も踏まえた上で解説が施される 桑原司
身体知から近世日本の教育思想を見なおす――近代教育のアポリアを浮かび上がらせる研究 吉野実
イギリス社会学の「凋落」?――二〇世紀型の「方法論的ナショナリズム」をいかに超えていくか 西原和久
海賊という事業はけっして過去のものではない――新自由主義グローバリゼイションと海賊の関係とは 矢部史郎
稀代の宗教家と周囲の人々が織りなす人間模様と心理の交錯――福音書記者がイエスの言行録を編むようにして描き出されたマニの生涯 青木健
チェルノブイリ原発事故直後に書きつがれた思考――文明史的に自然観の現在を問い直すとき 米田綱路
トンネルの闇の奥で……――マイケル・マドセン監督『100,000年後の安全』 福田磨理子
昭和最後の抒情詩人――清水昶ほど「詩人伝説」に彩られた現代詩人は珍しかった 追悼:清水昶 井川博年
取り返しがつかない形で継続する戦後――著者が掲げる「ポスト戦後の思想」の本格的開始 石原俊
読む者に今いちど思考することを強く迫っている――時代をとらえることを最も重要な任務としてきた詩人の証言であり記録 今岡貴江








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約