書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


権力のふところに飛び込んで真実を暴きだす――裁判官の謝罪と責任の取らせ方について、社会は検討を加えるべきである 梓澤和幸
大森荘蔵の哲学を現代的に、明晰に立て直す――「素朴な経験そのものにたち返れ」という著者の確信とその課題 小阪康治
特集エッセイ:辞書・事典と私――ポエムは辞書に恋をする 田原
特集エッセイ:辞書・事典と私――辞書には振り回されっぱなし 浦雅春
特集エッセイ:辞書・事典と私――チェコ語辞典と心中したくはないが… 石川達夫
特集 辞典・辞書:『アポロン独和辞典』への長い道のり 根本道也
特集エッセイ:辞書・事典と私――正確な辞書の引き方とは 風呂本武敏
美術界の出版活動の蓄積が生んだ優れたアートポケットガイド――西洋美術の基本条項をしっかりと押さえたシリーズ 上村清雄
優しい思いやりの香りに満ちた自転車旅行記――最近の自転車事情までもが理解できる軽妙なエッセイ集 立石弘道
「新自由主義者」の方にぜひよんでいただきたい――従来の「新自由主義」分析とはことなるであろう特徴が…… 松本潤一郎
センシブルかつ躍動感をもって描き出される植物、そして詩歌――著者の自然に対する熱い思いが真っ芯に込められた作 皆川 勤
工業化と都市化の時代に、新たな道具と素材で建築はどう想像されたのか――死後50年が経った今、ライトの「想い」を振り返る契機としての一書 布野修司
眉毛もヒゲも、いじれば化粧――何故化粧をするのかという根本的な疑問の答えを得るための長い旅路の杖 陶 智子
歓びと哀しみの交錯する、ややこしくおもしろい男女の仲――乾いた目でえぐる愛の生態 間瀬光彦
特集 辞典・辞書:「時代とともに」変わるドイツ語への目配りと強み――紙の辞書の特長を最大限に利用し、思い切り汚してほしい辞典 福元圭太
「自己責任」というイデオロギーを超えて――「灰色の領域」から抜け出し、人間運動へと向かうプロセスを語る 米田綱路
「誤魔化しやまやかしにうんざりしてきた」人たちへ――子どもの変容は子どもの文学の在り様にも当然影響を及ぼした 名取弘文
朝鮮植民地支配、強制連行・労働、被爆の重いテーマで、豊かな人間像を描く――消え去ることのない歴史の暗い傷跡に、日本の若い世代が向き合ってほしい 鈴木裕子
自由主義批判の知識人の足跡――彼らにとっての自由とは何か 米田綱路
巨大銀行は国民に何をもたらしたのか――「大きいことは良いこと」という価値観を問い直す








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約