書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


ベルリナーレ(ベルリン国際映画祭)・復活の三つのメタファー――文化の根は深く、生き延びている 梶村太一郎
「フィクション」はどう定義できるのか――分析哲学の知見でひたすら追跡する一級のドラマ 藤田直哉
敵味方に関係なく生命の尊厳を希求する人たちを描き出す――時間をかけても、なお拭いきれない戦争という傷痕がある 室沢 毅
王太郎の王道――「物語」から外へ出ないように心掛けながら、近代文学の問題と最前線で戦って見せたが…… 伊藤氏貴
戦時期のスポーツに纏わる固定化された認識に揺らぎを与える――一九四〇年の東京オリンピックの痕跡に目を凝らし、その幻に具体的で多様な形を与えた検証 山本敦久
置き去りの目がひらく瞬間、詩はかろうじて書かれている――高速でどこかへ向かおうとしている言葉に追いつく手段とは 杉本真維子
ヘーゲルに仮託して語る「治療」の試み――ヘーゲルの時代診断は、われわれが生きる現代という時代の診断へと、ホネットによって二重化されている 浜野喬士
消費主義にもとづいた幸福は宿命の捕虜でしかない――現代人が自明視している幸福観を批判的にとらえ返そうとする現代社会論 中島道男
「異」なるものの影で照らし出された文化論――光というイメージで、言表しがたいものを読み解く
歴史認識の変遷を伝える今日的な内戦史研究――「忘却の契約」を破り、冷戦的バイアスを超える 米田綱路
精神分析運動に育まれ、児童心理分析のパイオニアとして活躍した鮮烈な生涯――二〇世紀前半の同時代史、人間交流史のなかで、その足跡をうきぼりに ザビーネ・リッヒェベッヒャー 著 田中ひかる 訳
表象の大地の上を疾駆する言語のプラズマの果てに――おそろしく未知の、おそろしく豊かな読書体験に誘うドキュマン 野村喜和夫
持つものをすべて投げ出すことによって心の底から湧き上がる声を聴く――不安に身を任せて果敢に生き、世界の深遠とつながる少女の物語 諸星典子
政策担当者の教養と理念を問う――保護主義の政策は格差の克服、国富の増大の手段としてすぐれている? 橋本 努
堀口大學が貫きとおした「明星」の矜持に日本語の詩歌の水脈を探り当てる――一篇の詩歌が「作品」として成立する瞬間が見事に再現される労作 石塚純一
故郷に戻った帰還兵をめぐる物語にも深い悲しみがある――21世紀の新しい戦争の現実と平和を実現する方策を知るために 木村 朗
向き合いたくないものに向き合う――生きるとはエゴを通すことで、それが人間苦である 矢口進也
写真に接近して自らの思想を展開する実験の場――ロラン・バルトの『明るい部屋』との接点と差異 荒金直人
クメール・ルージュを冷静に内から分析し、そのイデオロギー犯罪を告発――家族や親族を失いながら生き延びた元カンボジア官僚による画期的な記録 室沢 毅
公園都市で黒いかたまりをつくること――「ヒロシマ」が「非‐世界」という経験であることを思い至らせる 行友太郎








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約