書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


さながら自叙伝の趣のある歌文集――真摯な、偽らざる生のありよう 大井恒行
書棚をフィールドとして展開される「きのこ狩り」――ページの多様さは、雨上がりの森に出現したきのこ群を見るかのよう 鈴木一誌
歴史を食い破る、物語のパワー全開――合わせ鏡の〈西方〉と〈東方〉が、互いに像を投げかける 鈴村和成
死者はこの世に充ち満ちて――死者に形と言葉を与え、読者の眼前にくりかえし浮かび上がらせる 松永美穂
伝説の追剥ぎを徹底的に分析――推理小説ばりにスリリングな展開 原田範行
科学者の生きざまを問われた福島原発事故――巨大な潜在的危険性を孕む原発では設計思想そのものを放棄する必要がある  安斎育郎
現代の認知科学からハイデガーを読み解く姿勢への共感――独創的な視点を考えると、あらためて早すぎた著者の死が惜しまれる 高田珠樹
公正の経済へと向かう「萃点」としての農協――日本農業の現実と真正面から向き合うための一冊 竹内雅文
文学研究における障害学という新たな知的実践を拓いていく野心作――横田弘の詩と思想を解読する後半がとても興味深い 好井裕明
反時代的に見える表象が、じつは同時代的な問題と共振している――生成論、受容論、文化史など広い視野からの美術作品へのアプローチ 小倉孝誠
権力者の娘と異能の男――ふたりの出会いが世界を変える波瀾万丈の宇宙冒険SF 山田宏明
9・11以後の時代に、カントの「世界市民」概念を卓抜に拡張――カント哲学が2世紀有余も風雪に耐えた根拠を解き明かす 皆川勤
「日本が植民地化されないために朝鮮を植民地化した」はウソ――歴史的思考を養い、民主主義を考えさせる教育実践にとって貴重な提起 及川英二郎
江戸を中心とする幕閣・有司層の思想と動向を解明――登場する人物に関わるさりげないエピソードも面白い 家近良樹
SFの歴史を知るための恰好のガイドブック――SFによって日本を照らし、日本によってSFを照らすことで、日本SFが世界SFに貢献できることは疑い得ない 藤田直哉
内村鑑三への、「心底」からのオマージュ――今や内村の「義と愛国と信仰」を日本人は学ばなければならない 新保祐司
繰り返される社会、残り続ける自己――「社会学すること」の現在を照らす道標となる 齋藤雅哉
映画「北京の55日」では描かれなかった北京籠城戦――仏の東洋学者・ペリオが見た清末・中国の姿 井上春樹
映画の旅、哲学の旅、大学の旅――「書くことの孤独」と「人文学」的な問い 白石嘉治・西山雄二
「人のつながり」の持つ価値という、普遍的なテーマに取り組んだ「現代の古典」――R・D・パットナム著『孤独なボウリング』邦訳刊行5年目によせて 柴内康文








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約