書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


哲学としての歴史哲学の課題――「考えられない概念」と化していることを批判する重要性 中山元
「いま」「ここ」を起点としながら、公的な共同的世界をどのように構築するのか ――柳田国男論における昭和初年の数年間の意味 岡部隆志
現実感覚にもとづく思想的考察、自由へのコミットメント――バーリンの自由主義、思想的核心を明らかにする
影を光に変えるルポルタージュ――闘う労働者、抵抗する生活者の姿 米田綱路
クロアチアで愛されてきた児童書二冊の邦訳成る――クロアチアを身近な場所として届けてくれた訳者に拍手 皆川燈
英米文学をめぐる、迫力ある秀逸な論究――無名の若者シェイクスピアの軌跡を読み取る 石原孝哉
本が人であることを示す装丁家の仕事とコンテクスト――ものを見、本というかたちを創り出していく記録の数々
消費税「転嫁」の虚構を暴く――消費税増税不可避論を明快に断罪 醍醐聰
個人識別のディレンマ――監視が生み出すもの、滅ぼすもの 大屋雄裕
やっと、借り着でない「マザー・グース論」に出会えた――「マザー・グース」を作ってきた「無名」の人々へ思いを馳せて 三宅興子
「批判的フロイト研究」の前提になるものとは――死の概念を中心とした網羅的な文献研究として、確固とした価値を持つ 十川幸司
ディオニュソス的な力の時代の証言者――「光」の時代の現在から見た錯誤 林みどり
胸打たれて絶句する他ない抵抗と闘争の継続――孤独に耐え高圧的な脅迫に決して妥協しないこと 佐々木 中
パレスチナの人々の意志が共同公演を支えた――パレスチナ・キャラバンの現地巡演を終えて 翠羅臼(聞き手・足立正生)
真摯に子どもたちに向き合った詩人教師・近藤益雄の像が浮かぶ――戦前の「生活綴方教育」以来の、優れた詩教育の実践 室沢毅
戦争をしなければ機能しない国家、アメリカの特殊なシステムを解明――アメリカに追随する日本外交へ根本的な反省を促す 岡島稔
尖閣問題で尖鋭化した日本メディアのナショナリズムは、米国の意に沿う普天間問題解決の強行の地ならしをした――一口に「沖縄の声」といっても、複眼視的に分節化してから分析していく必要がある 羽根次郎
30年という歳月を想う――ジョン・レノン没後30年、「これからをうまく渡っていく」ために 上村寿幸
散文と俳句の見事なコラボレーションの成立――作者の詩魂の軌跡ともいえる作品集 山本左門
「尖閣問題」での日本政府の対応とメディアの反応――なぜ日本政府は当初、強硬姿勢を見せたのか 世界への視座・中国 羽根次郎








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 ユーカリの木の蔭で
(北村薫)
2位 皆川博子長篇
推理コレクション2
(日下三蔵編)
3位 猫を棄てる
(村上春樹)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 MASK
PATTERN
BOOK
2位 還暦からの底力
(出口治明)
3位 宿無し弘文
(柳田由紀子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約