書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


海外文学・文化 2009年回顧 フランス:コミュニケーションのひび割れ――饒舌と沈黙を描き出す小説の言葉 郷原佳以
年末回顧号 志葉玲が語る「政権交代」  真の「政権交代」とは何か――国民の面倒を見ない国家なら、存在意義はない 志葉玲
当たり前の人と人との関係性の有様に対する真摯な姿勢――折々に気づく「外」の有様に対しても静かなる憤りを率直に書き記している 村木 哲
海外文学・文化 2009年回顧 ロシア:歴史の後で――現代人はロシアの過去をいかに受け止めているのか 岩本和久
海外文学・文化 2009年回顧 アメリカ:オバマ大統領の登場はアメリカ文学をいかに変えていくか――「パッチワークの強み」をいかに生かし、共有できるかが課題 長岡真吾
海外文学・文化 2009年回顧 イタリア:リストの眩暈、記憶の銀行――推理小説・告発小説にも、優れたイタリア作品が姿を見せはじめた 橋本勝雄
白人の中産階級の女性に限定されない「女性の目」――女性の視点から語られることのなかった多数の出来事 伊香祝子
海外文学・文化 2009年回顧 中国:「改革」の行方、自己主張する「中国」――論壇の活性化、試行と模索の途上にて 伊東貴之
朝鮮戦争を再考する契機となり得る一書――われわれは朝鮮戦争から一体なにを学んだのだろうか 金子民雄
海外文学・文化 2009年回顧 ラテンアメリカ:貴重な評論・話題の小説が邦訳で登場――ガルシア=マルケス自伝から既訳の全集・文庫再録まで、光る収穫のあった一年 野谷文昭
ルネサンス国家観を〈祝祭と政治〉の視点から捉えた秀抜な着想――コジモ一世の政治まで見通すきわめて難度の高い論の展開 澤井繁男
海外文学・文化 2009年回顧 ドイツ:政治的小説という枠組みに収まりきれない深み――ノーベル文学賞を受賞したヘルタ・ミュラーが半生を振り返る小冊子刊行 山本浩司
21世紀を生きるサルトル――対談・海老坂武・澤田直 海老坂武・澤田直
アジアへの視線をもち民衆の主体性を探った中野重治――「戦後日本」を捉え直す、思想的な資源を汲み取った好著 宇野重規
サルトル研究の次なる成熟段階――11月14日、パリ国際大学都市日本館「サルトルの善用のための祈り‥サルトル研究の過去と未来」シンポジウム報告 小松 学
全面講和、安保改定批判を展開した論説記者・須田禎一の生涯をえがく――貫徹されたジャーナリズムの思想的軌跡 米田綱路
周縁にあるがゆえに社会に翻弄される穢れなく愛らしい「こども」たちの姿を描き出す――文学世界の天才たちは、大人になってもこども時代を自身のなかに継続しているのだろうか 諸星典子
「一・五世」のベトナム移民が語る母の物語、そして戦争――戦争にまつわる記憶や歴史に興味をもつすべての読者にとって格好の書 小林富久子
「善と悪の国境地帯」で神を求める女性の愛と苦悩――北アイルランド紛争を遠景として展開する禁断の恋 八幡雅彦
環境社会学という学問の奥深さ、繊細さを教えてくれる一冊――「穢れを否定する思考とはまったく違う生き方」として、穢れとつきあう 倉石一郎








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約