書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


挨拶としての詩集――語り手としての一人称の、一点の空白に前進をみる 堀江敏幸
日本の哲学的思考の可能性に新しい道筋を示す――埴谷雄高における「構成不可能な問い」とは何か 高橋順一
五つの外交・武力戦の複合戦争として第一次世界大戦を捉える――日本にとってこの戦争がもった意味を解き明かす 奈良安友
ことばは「獲得する」ものではなく、文字通り「生まれてくる」――子どもの具体的な観察によって、ことばへの過程を描き出す 浜田寿美男
地元・新宮の人びとが名誉回復に取り組む――処刑から一〇〇年、歴史見直しへのドキュメント 米田綱路
「新しい過去」としての1950年代像――書くこと(描くこと)は、現実を変革するための賭けだった 有薗真代
もったいぶった物の見方を批判した当代の戯作者・井上ひさし――「駆け込み寺」を舞台に、男女関係の背後にひそむ経済的関係を描き出す 菊田均
ケアと身体と感受性――ケアの制度化やケア専門家の育成という事態を前にした違和感の正体を丁寧に描き出す 岡原正幸
〈豊穣な世界〉をどう守るか――希薄になった人間関係の中で必死に自分の居場所を確保しようとする子どもたち 重松清
実体験と反牧歌的心象風景――身体の乖離現象により醸し出される自我の戸惑いや恐怖、緊迫感 中込啓子
歴史の真実を奇想天外な物語に――ものすごく真面目な話を、すごく面白く語ってしまった、ものすごい遺作 清水義範
笠置シヅ子みたいに生きてみたいと思わせる愛情あふれる伝記――芸能史におけるひとつの大発見 鈴木義昭
沿岸海洋学の第一人者によるバイブルの完成――水とともに移動する流域圏での物質の循環を定量的に理解するために 山本民次
史料の丁寧な読みから通説を覆す解釈がしばしば示される――明快な問題提起と、構造的まとまりをもちながらも多様なテーマ 江川温
城の外への想像力――ディストピア小説の系譜に、新たな名作の名が刻まれた 高橋雅康
アトピーの娘を抱えてパパとママはどうしたのか――長くつらい日々を乗り越えた、いたわりと連帯感 山井悟
玉音放送に頭をたれた少年は、心に忠実に生きてきた――六〇年安保・「君が代」・中国問題に向き合う人生 荻野力
緻密な検証と謎解きで郷土史を見事に再発掘――明治初期、イギリス人旅行家は「日本奥地」をどう辿ったか 加藤貞仁
国家の拘束を脱した地平で生きる絆をどう生み出すか――人間解放の定義、近代日本国家、詩人の精神をめぐる鋭い警告 菅孝行
時代を俯瞰できる世代の20世紀音楽史――マイノリティに関する記述も、相当の分量を配しきちんと論じられている 長木誠司








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約