書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


ガルシア=マルケスがルポルタージュするガルシア=マルケスの人生――多種多彩なエピソードの連なりが浮かび上がらせる、物書きとしての成長 安藤哲行
文学とはどこまでラディカルなものなのか――「9・11以降の作家たち」が描き出す日本社会の構造変動 鹿島徹
樹木の香りが漂ってくるような「詩の植物園」を散歩する――古今東西の詩人がうたった植物への想い 西森美智
高い識見に裏打ちされた最上の教育関係法令集――教育史研究の広がりに対応した、画期的な手軽さと使いやすさ 湯川嘉津美
危機の〈現在〉を読み解く動因としての社会心理――経済思想史における豊かな洞察はなぜ活かされないか? 塚本恭章
詩を光のように渇望する――在日詩のなかで異彩を放つ、かなしみという抒情の復活と美的表現 佐川亜紀
事故による重い障害を負って出産、子育てに奮戦した記録――「障害者」が希望にかなった生き方をできる社会とは 村井丈美
追悼:エリック・ロメール 時を刻み続けた映画作家――ロメールはヒッチコックに劣らぬサスペンス映画の撮り手であった 谷 昌親
20世紀までの労働観の歴史を巨視的に通観する――人間的な「労働の意味」を考えるきっかけともなり得る一書 松田 博
ゴシック小説が拓いた新たな可能性を書物を取り巻くすべての環境とともに考察する――新しい文学形式の立ち上がる様を見届けようとする誠実な研究書 武田利勝
素朴な疑問を基に、多方面の眼差しから描かれる新鮮な日本の教育像――多文化化する現代社会においては、どのような教育政策が求められるか 永田佳之
「生活保護は国民の生活に直結する公共事業」とは、説得力がある――急増する貧困者が現状を打破するにはどうしたらいいのか 山井 悟
パフォーマンスへの偏見を正すために――芸術的パフォーマンスは何を目指すのか 河野英二
含羞のエチカ――「万田邦敏」とは”命がけの跳躍”の名に他ならないのだ 廣瀬 純
忘れられた〈自由への道〉をどう取り戻すか――三人の作家に共通な面を鮮やかに描きあげて、独特な味わいをもった新著 大橋健三郎
追悼:J.D.サリンジャー:「若者文学」を超えた洗練のストーリーテラー――生き方を模索する主人公たちに仮託された思い 井上謙治
チベット人に犯した「永劫の犯罪=革命」の記録――チベットは中国にとって、「二重の不都合の問題」である 楊海英
「アメ」と「ムチ」をめぐる政府と県、市町村の政治的交錯――普天間基地移設問題の前史と現在を伝える沖縄タイムス記者のルポ Y
放物線を描きながら読み手を外の世界へといざなう――末松正樹が絵を自らのものとして捉えなおす瞬間を描き出す 小沼純一
対象化される身体――過激な詩の鉱脈から未知の源流へと遡行するスリリングな旅路 八木忠栄








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 下戸の夜
(本の雑誌編集部下戸班編)
2位 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
(ブレイディみかこ)
3位 東京凸凹散歩
(大竹昭子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 未来の地図帳
(河合雅司)
3位 ノーサイド・ゲーム
(池井戸潤)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約