書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


首都圏に暮らすアイヌの今昔が、不条理・情感として伝わる――森谷博監督『TOKYOアイヌ』完成によせて 鈴木義昭
ポストパンクの「前衛精神」を跡づける――短いが煌々と輝いた時代と人々のドキュメント 上村寿幸
今だからこそ、私たちは自分たちが失ったものの大きさを、宮本常一と共に見つめ直さなければならない――『宮本常一とあるいた昭和の日本』(全二五巻・農文協)刊行によせて 前田速夫
現代フランス語圏の戯曲作家たちの奥深い思い――戦争、死、人間の愚かさ、父親-「種」をテーマに時代を切り裂く 小田島恒志
嘘の威力を探り、真の追求をたどる――社会意識の変化とその可能性と希望を明らかに 米田綱路
音楽という魔物、あるいは捕食者。――中毒性は感じられないからご心配なく 千野帽子
「在るものは在る」への壮大な思索=旅の記録――ハイデッガーをアリアドネの糸にした哲学研究
行商、チョコレート、宝塚、外交官、映画…――来日白系ロシア人の足跡をたどる 沢田和彦
断髪による身体感覚を発見し、主体性を獲得したスペイン女性――様々な視角から考察されたスペイン・フェミニズム研究 吉田彩子
環境保護の「啓蒙」の問題に真正面から挑む――科学の陣営から宗教の陣営への架橋という試み 藤原辰史
「希望の哲学」としてホッブズ哲学を読み直す――緻密で内在的なテキスト読解による議論 重森臣広
「豊かな左派」に着目し、フランス政治をリアルに報告――エリート主義の統治の一方で、「フランスの政治は街頭で決まる」 室沢毅
在日朝鮮人三世は歴史に何を構築するか――――シリーズ第七回 証言/日本の「韓国併合」100年を掘り起こす 金優綺・呉永鎬・李志善
マルクスを受け継ぐ現代左派の重要書――自由な言語的コミュニケーションが産出するものとは 橋本努
蜂起参加者が語る苦難の人生、「済州島四・三事件」が新たに蘇る――四・三事件の詳細や真相の究明は、当時の国際情勢全般の検証に繋がる 朴重鎬
現代演劇の正史を描こうとする――読者を地図を描く作業に加わらせる企図もあるのでは 高橋宏幸
全共闘運動、労働運動、社会運動の情の軌跡を記す――若い世代にも、高橋ハムさんのような拘りは受け継がれている 中井健人
「読む」と「見る」を真に総合させる――中世後期の挿絵入り本を読む「作法」を丁寧に説く 伊藤博明
日本の現代詩の迷宮への頼りになる「アリアドネの糸」――明快にスリリングに析出される日本の現代詩作家たちの語り 西原克政
文献紹介・在日朝鮮人文学は、100年の歴史を日本に問いかける――骨太で、情感豊かな、思索性の高い作品群 佐川亜紀








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 野垂れ死に
(元木昌彦)
3位 木になった亜沙
(今村夏子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 五・一五事件
(小山俊樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約