書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


資料によって、相手が何を考えていたのか理解でき、様々な解釈ができる――図書館で資料調査するのに、役立つような情報を記載 村木哲
グルジア=「水で描かれた物語」――ザザ・ハルヴァシ監督『聖なる泉の少女』 小野沢稔彦
「アレクサンドロス研究の力点を変える」ことをめざす意欲的な一冊――「歴史」とはいかに創られるのか、という根本的な問いについても考えを深めることを促す刺激的な書 澤田典子
詩の幹と根、あるいは〈農民芸術〉の夢――作家論三篇が「詩の空」を、巻末の八篇が「詩の地面」を表している 山田兼士
危機感と絶望の中で、自身の実存を守るために――詩と行為が一体化した難民二世の詩人には、未来を確信する以外に生きる術はない 河津聖恵
漱石とその時代の熊本の姿を生き生きと蘇らせている――今後の熊本時代を中心とする漱石の伝記研究において、不可欠の一冊 坂元昌樹
くじ引きによる民主主義の再生を提案――我々が漠然と抱いている疑問点を明解に指摘し、眼前の靄を取り除く一助となる 岩崎正洋
現在における文化人類学として屹立させていく方途――人類学が、そしてわたしたちが「あらたな共同性」へと思考していく 皆川勤
「国語」から解き放たれて「言葉」を獲得することへの祈り――「わたし」とは何か、「ふつう」とは何か、という問いを生きる 大和志保
荒々しく、饒舌で、ずっしりとしていて、黒い――1950年代後半から60年代にかけてのエリスンの初期短編を集めた一冊 倉数茂
今後の移民政策を考えていく上で何を考えなければならないか、という指針を示す――他国の移民政策を参考にしつつも、日本独自の制度形成が志向されねばならない 上林千恵子
映画史・メディア史の叙述を更新するために――オーディエンス・カテゴリーの言説的構築という従来的な議論に回収されない、豊かな方法論的示唆を含んでいる 近藤和都
縦横無尽に行き来する「回路」のようなエッセイ集――一つ一つのエッセイはコンパクトなので、どこからでも読み始められる 今野真二
男性優位かつ男性支配的な日本社会の変革を要求する――ここまでの大胆な主張が男性からなされたことは心強い 桑島薫
大衆消費社会のアッパーミドルを楽しませつつ、負の歴史や社会的問題に触れさせるための方法とは――東浩紀の言説戦略を見る 藤田直哉
ハッピーエンドで終わらないミルハウザーの作品に勇気を与えられる――かねてからの読者も、新たな読者も、その魅力に圧倒されるだろう 玉木史惠
特攻は志願か否か――「命令とか志願とかいう前に特攻要員になっていた」というのが実態であれば、自主的な個人の意思での参加というような発言は、彼らのために訂正すべきであろう 川成洋
(ポスト)フェミニズムと新自由主義の葛藤――必要になってくるのは「連帯」である 竹田恵子
「傀儡」「汪偽」と呼ばれ続けてきた汪兆銘政権を歴史のなかに位置づける土台となる資料――汪兆銘政権に関わる人物たちが一覧的に参照できる、現代日中関係史研究において有用な一冊 新庄孝幸
さまざまな資料を丹念に辿りながら、見事な菅原文太〈像〉を描出していく――「人間の孤独感なんかたいしたことないな」と思う菅原文太の方位に共感 久保隆








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約