書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


究極のアルコール依存小説――二十世紀屈指の英語小説という定評をはるかに超える強い衝撃をもたらす 管啓次郎
概念展開の歴史として中国思想史を記述する――対西洋哲学史というモチベーションからは免れている 堀池信夫
言葉にまつわる辛口批評――虚妄なる「漢字能力」を見事に解体させている 植田隆
自由に生きることは、むしろ芝居じみてしまう――自堕落極まりない主人公の憎めない魅力を描く 下沼英由
法律家による釜ヶ崎サーガ――「学ぶ」者として、「権力者」として、ふたつの倫理履践の可能性 蟻川恒正
追悼・三浦哲郎 短篇小説の蘊奥をきわめる――文章術の底にひそんでいた途方もないきびしさ 高橋英夫
戦犯たちは、いかにして自己の罪行に向き合い、「鬼から人間へ」となったのか――中国侵略15年への歴史認識は、史実の上にのみ構築できる 梶村太一郎
本当の意味でのグローバリゼーションとは――貧困問題はエイズ問題と絡みながら、南アにとってのアポリア 宗近藤生
無声映画が切り開く「遊動空間」の可能性――複製技術時代の〈生の美学〉を読み取る 長谷正人
「脱創造」へのいざない――ヴェイユ思想が読者それぞれの存在に直に呼びかけてくるものであることを十全に描き出している 郷原佳以
「悪」って何だ?――対談・高橋源一郎×中村文則 「小説の未来」をめぐって 高橋源一郎×中村文則
核問題の「ニューカマー」による鋭い指摘、好訳を含んだ一書――基本的な事項が丁寧に説明され、この問題についての良き入門書ともなる 戸田清
太鼓による総合舞台芸術の結実――琉球文化をふまえつつ、自由に翼を広げ、独自の表現を拓く 井坂能行
グローバル化の時代にシュミット「広域秩序」思想を検証する――「危険」な思想家の歴史的意味と批判の射程 西谷修
「開かれた」マルクス主義を紡ぐ苦闘――グラムシを起点にフーコー、デリダらを濾過しつつ、新たな思想へ 久保隆
魂はどこまでも自由――ルノー・バレ/フローラン・ドラテュライ監督『ベンダ・ビリリ!――もう一つのキンシャサの奇跡』 大和晶
シャーロッキアンによる渾身の伝記――コナン・ドイル作品の背後に隠された謎を探るためのよきテキストともなる 金子民雄
プーチンの支持率を高める国民の大動乱への恐怖心――「失われた一〇年」に対するリアクションと「安定」の意味を読み解く
自閉症は誰にとって、どのような問題となるのかを問い続ける必要性――重要な指摘は時代を超え、大切な思いは不変として 田中康雄
熟議の危うさと、競争の可能性――マキァヴェッリとシュンペーターの復権 小田川大典








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 野垂れ死に
(元木昌彦)
3位 木になった亜沙
(今村夏子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 五・一五事件
(小山俊樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約