書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


政論記者としての足跡を跡づけた新たな評伝――言論人としての羯南像の魅力を浮かび上がらせる O
「近代的自我」の行方をもう一度考え直す――現実をみる冷静なまなざしが支える「未来の近代小説」 伊藤氏貴
ブルガーコフの後期傑作戯曲二点――きびしい時代精神にたいする鋭い批判意識を余すところなく表現 水野忠夫
旱天の慈雨の一冊――学知そのものの「雑」たること、「即興」たることを言う山口学の終始一貫した主張 高山 宏
覇権的一国主義と人道的介入の分岐点――「国際法の立憲化」とは何か 早川 誠
複雑な「戦争」の内容が明らかに――食をめぐる根本的な問題に取り組むための視座を与えてくれる一冊 冬木勝仁
専門的な話から体験談まで人柄の滲み出た回想録――解析力、観察力から紡ぎ出される緻密な文章の魅惑 村木 哲
吉田修作氏の書評(2934号4面掲載)に応える:多くの研究が指し示す『古事記』女性の語り論――『古事記』が女性の視点で書かれているという指摘は柳田国男に独自のものではない 大和岩雄
こんな時代だからこそ、「考える」ことを――全巻を早く読みたくなる 名取弘文
政権交代は「革命」か? 前田和男氏に聞く、衆議院選挙をふりかえる  前田和男
夢幻の縄文世界をめぐる――縄文は、現代人が置き忘れてきたものを快復するための膂力 室沢 毅
いよよ華やぐ命なりけり――「SCOT Summer Season 2009」での鈴木忠志作品上演によせて 岡田素之
モダニズムの見た夢――国際平和のための世界的な活動拠点を作ろうと尽力した先達の強い意志を現代に伝えている 田中綾子
「アブノーマル」を追い求めた沼正三――二項対立的図式の「負」の側に徹底して身を置いた沼正三はマゾヒズムを手掛かりに無意識の領域へ自己探索を続けていた 和田博文
活字と印刷が語る文字文化の世界――活字印刷史を考えることは、書物・言語・歴史・宗教・政治・経済など、人間社会のあらゆる分野に関連していく 高田智和
戦後史を生きた歴史家の個人史をとおして見た学問史――現代史学の半世紀以上の歩みを映し出した「生きられた歴史学」の総括書 望田幸男
雷帝イメージの変遷、その経緯と意味――テロルと強権政治で比較できるか O
戦後短歌史に改めて位置づけなおす葛原妙子――全ページにみなぎる熱意が紡ぐ、「自らが不在であった近代」を引き継ぎ生きなおそうとした葛原妙子の姿をとらえる野心作 阿木津 英
〈ディアスポラ〉はユダヤ的生存にのみ係る事態ではない――〈ディアスポラ〉は「世界」の変革であると同時に、「自己」の変革でもある 合田正人
長く退屈な時間を超えること――「生きた時間」の重さ 梅本洋一








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約