書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


試しに切ってみるか。試しに死んでみるか。――表面的な恐ろしさの裏にこの作品が隠し持っているものとは 伊藤氏貴
ネオ・リベラリズムへの対抗原理としてのコミュニティの可能性――中途半端に市場の論理に擦り寄るベーシック・インカム擁護論よりも一貫した擁護論 井上彰
違和感のなさにこそ特徴と問題点をみる――本書の展開する歴史観を全身で受け止め、乗り越えなくてはならない 井竿富雄
新自由主義グローバリゼーションは、世界中で生活の風景を書き換えている――世界資本主義を見るための視座をどのようにとり直していくか 矢部史郎
ロマン語の形成における内的発展を通時的に記述する――ラテン口語とラテン文語の相違は文体的なものに過ぎないという考え方 中山恒夫
「韓国併合」100年に、140年の東アジア侵略史を問う――シリーズ第五回 証言/日本の「韓国併合」100年を掘り起こす 徐勝
「声を作る」のではなく「声を育てる」――肉体と云う個性を最大限に活かす 渡義昭
「行き止り」への不安と「やり残し」の感覚と――老いに直面した男の心境を語った作品 菊田均
今日的な問題の本質により近づくために――分野別索引で重要問題の社説をどこでも、いつでも読み比べることができる 羽島知之
関西に軸足を置いた体験的な詩人物語――著者の肉声が聞こえてくるような雰囲気の、余裕を感じさせる好著 倉橋健一
預言者ムハンマド像に関する、現存する最古の伝記――アラビア語原典初の完全邦訳からアラブ・イスラーム文明の源を辿る 辻明日香
これまでまったく知らなかったランスロットが活躍する、謎に満ちた作品――エンターテイメントとしての騎士物語という新たな側面を見せてくれる 一條麻美子
軍による「慰安所」管理は紛れもない事実――シリーズ第五回 証言/日本の「韓国併合」100年を掘り起こす 松原勝
部分と全体の関係が、形式と内容の両面で興味深い――自律するも独立せず、支え合う七章から成る長篇小説 堀茂樹
小さな虫がその生きざまの中で発しているシグナルを読み取る――地球温暖化という混沌の先に見える未来を丁寧に予測する 横山潤
アメリカもジハード主義者も勝者にはなれなかった――学術的な香りを残しつつ「スパイ小説」のような趣きも 臼杵陽
民族主義とナショナリズムが融合した束の間の時代を描き出す――政治的イデオロギーに偏執することなくムッソリーニと建築との関係を明らかに 長谷川章
いまだに芸術は「至高」か?――もう一度アドルノに立ち返る必要性 古賀徹
等身大の活動家から何を引き継ぐべきか――60年安保闘争をめぐる偶像化への異議申立て、なるか 内野光子
「美のしごと」を目指す若者のための実学の書――画廊を立ち上げて以来の四〇年を回顧した、現代の「洋画商物語」 安福信二








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 野垂れ死に
(元木昌彦)
3位 木になった亜沙
(今村夏子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 五・一五事件
(小山俊樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約