書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


社会的分断とグローバリズムへの対処という問題――現代の枢要な論点について説得的な分析がなされる 佐藤方宣
シベリアに逝きし46300名を刻む――ソ連抑留死亡者名簿をつくる 編集部
31文字のなかの科学  編集部
治療という観点を重視した格好の入門書――実践例をあげながらさまざまな治療方法を紹介 宮本信也
協同組合を国家資本主義論の見地から捉えたユニークさ――初期合作社史として右に出るものなき傑作 菅沼正久
深い誓願より生み出される道元研究の業績――『弁道話』に加えられた一問答の有無についての鮮やかな解明を期待 吉津宜英
出逢い――人、国、その思想 編集部
平明かつ力強い文章で翻訳されたジェンダー史研究の古典――性に関する神話は、なぜ階級・ジェンダーを越えて人々を惹きつけるのか 山口みどり
コミュニケーションは「利害」ではない――人と人との齟齬から起こる問題を解きほぐす方途
アイロニーの駆動をどこかで止められるか――佐藤友哉の「変さ」は時代の「変さ」と重なってしまった 藤田直哉
作家主義から遠く離れて――「たかが映画監督じゃないか」と呟くことで、ヒッチコック像を刷新 大久保清朗
平和主義の追求を支えた不断の批判精神――いまだ「虚妄」の直中にある、現代の我々が共有すべき課題が 今井 勇
「あの時代」の脱神話化――〈一九六八年〉の現代的意味は再び私たちのまえに投げ出される 小熊英二
「毒性」の作家・谷崎潤一郎に魅せられた世界の研究者による研究第二ステージの幕開き――数多くの領域からの論文により期待される、一層の谷崎潤一郎論の深化 尾高修也
生死のあわいを超えた自然の理を悟る――静謐で湿潤な言葉のぬかるみに身を浸すような快楽を湛えた短編集 八木寧子
芥川の得た〈反逆の論理〉とは――「羅生門」誕生に至るまでのプロセスが静かに熱く伝えられる 佐藤嗣男
権力の姑息さを知れ!サルコジ的なものに抵抗せよ!――確固とした哲学的地平から繰り出される批判 吉田徹
魔物にとり憑かれていったスーパースター――ゲイ自身の発言が多数散りばめられた大部の伝記 飯野友幸
逆説の絡まり合う複雑な東方政策の歴史的背景――「接近による変化」から統一までを検証する 米田綱路
ウィ・ラ・モラ――オオカミ犬ウルフィーとの旅路








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約