書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


断絶してしまった現代詩の抒情が胸奥に共鳴する……――極端に冗語を削り、純化し、詩人の心性を形にしてみせた 小川和佑
114年前に朝鮮で起こされた謀略事件の真相を実証――「韓国併合百年」を前に、歴史に真摯に向き合わねばならない 鈴木裕子
エッセイ特集 全集と私――「総力的一致の大合作」? 上村忠男
悪と私と、私の体。――宙吊りのままぽっかりと開いた穴のような結末、そこにみる魅力の根源 千野帽子
涙の擁護――文学における音楽的なものの復権を目指すが故に、魂を揺さぶられる感動が執拗に語られる 都甲幸治
天地創造を再現するイメージ装置としての劇場――ダイナミックな思索活動へと導く能動的装置としてあらわれる劇場の緻密な研究が後期ルネサンスの錯綜しつつも豊穣な世界へと誘う 伊藤博明
軍事費削減による地球環境保全を提言――原発の先にあるのは核開発、核武装である 皆川 勤
「生の現場」を捉える立松文学――『立松和平全小説集』(全三〇巻、勉誠出版)をめぐって 黒古一夫
司馬遼太郎ははたして思想家だったのか、それとも大衆作家だったのか――司馬作品を時系列に並べ、中心的に扱われる主題の変遷と時代状況の影響を丁寧に読み解く 安田敏朗
活き活きと描き出される豚飼いの苦闘――著者にとっての豚飼いとは、横断するふたつの家族へのオマージュである 植田 隆
日中米の架け橋となって国際交流に尽くした生涯――近代日本に稀有な光彩を放った“松本イズム”の軌跡をえがく 米田綱路
時代をのり超えて生きのびる理念のゆるぎなさ――石上玄一郎氏の栄誉に寄せて 工藤正廣
ポケットブック 編集部
「新自由主義」とのたたかい?――悪しき変化は「新自由主義的」なものの作用によって生み出されているかのよう 内藤朝雄
遊郭と歌舞伎が手をたずさえながら江戸文化を創り上げる――活気が、飛び出す絵本のように「見えてくる」「聞こえてくる」 田中優子
テクストの徹底的読み込みによって賢治ワールドに迫る――九十歳を目前に賢治テクストに挑戦する著者の意気たるや壮である 関口安義
「學鐙」はまさに雑誌の雑誌たる所以を極めていた――ある意味では地味な雑誌の、驚くべき膂力=伝播力を見事に示す 山本光久
世界少数先住民族文学のなかでも注目すべき作品の集成――下村作次郎氏に聞く 下村作次郎
上田秋成の世界には生への不安と死への罪悪感があるという的確な指摘――徹底して現世的な怪異観を抱いていた秋成の、仕掛けをこらした物語構成に迫る 荻野夏木
デリダの思想のきわめて「忠実」な継承――神の唯一性という心臓部にあるキリスト教の脱構築ポイント 藤本一勇








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 下戸の夜
(本の雑誌編集部下戸班編)
2位 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
(ブレイディみかこ)
3位 東京凸凹散歩
(大竹昭子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 未来の地図帳
(河合雅司)
3位 ノーサイド・ゲーム
(池井戸潤)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約