書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


啓蒙的近代をとび超え現代に甦った思索――初出のときとは違った意味あいが行間から浮ぶ 磯崎新
よみがえる孤潔なる自由詩人の魂――死を意識しながらの生活のなかから、櫻井の文学は立ち上がった 長山靖生
フェミニズム政治理論の原点へ――家族内役割と女性の構築 岡野八代
日本国憲法の基本原理のさらなる具現化と活性化――精査される立憲主義の概念 君島東彦
昭和五十年代の東京に流れる贅沢な憩いの時間――佐藤理髪店、国鉄上野駅、都電荒川線…… 黒川類
丁寧に問いを立てて考え、丁寧に関係を築いていく――インプットする意識を持ち続ける必要性 熊谷晋一郎
六〇年安保闘争の血湧き肉躍る実践記――巨万のデモの大多数は、東京地評の労働者であった 来栖宗孝
「両思い」から生まれた風通し良い一冊――詩歌は古来からこういった楽しい「あそび」だったはず 枡野浩一
すべては蒐めることから始まる――蒐集の真価は、評価の定まった品物を寄せ集めるところにはない 木下長宏
現在の情況へラディカルに、多彩に思考-表現する――『流砂』2010年/第3号刊行によせて 木畑壽信
見果てぬ夢をみせてくれる本――さまざまな現場に即してヒップはいかに有効に機能してきたか 陣野俊史
ルカーチ哲学思想と現在世界――ルカーチの思考の足跡を詳細に辿る 室沢毅
福祉を必要とする社会構造の当事者である私たち――「共生」という観点から福祉を考えることの重要性 梶谷真司
朝鮮人の集団的な苦難の経験から新たな多言語・多文化の共同体を展望――継続する「惨事」を経験させないために、日本人は〝想像"しなければならない 及川英二郎
敗戦後の挫折と虚無のなかで文学創造にのみ命をかけた林芙美子――これまで研究の少なかった『三等旅行記』と「絵本猿飛佐助」への考察が新鮮 長谷川啓
戦争にかかわる激越な「情」と脆弱な「知」の葛藤をえがく――現役の暗黒系作家によるはじめての戦争文学 高橋敏夫
詩とは何か? 今も鋭く問いかけてくる――全冊復刻された「幻の詩誌」をめぐって、あの混沌として激動の時代をどう捉え直すか 李美子
散りばめられた、きらめく真理のかけら――『ウォールデン――森の生活』と相互補完的な関係にある作品の日本語訳が初めて刊行 岩政伸治
息遣いさえ伝わってくる新たな〈晶子曼荼羅〉――晶子の透徹した詩魂は、静かに熱く燃え続けた 皆川燈
来るべき新しい著作権制度とはいかなるものかを示唆する――今後情報流通制度について取り組む読者に手にとってほしい 白田秀彰








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約