書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


日米安保密約問題の今日改めて読み直すべき労作――日米安保改定から半世紀、記念碑的著作集をひもとく Y
形にならないものを形象化していく試みの結晶――「まだ何処にも開けていない世界」を開くため 稲葉真弓
『東京南部サークル雑誌集成』『総合文化』復刻版刊行 編集部
「未完の青年作家」平林彪吾の姿が綿密な取材と忍耐強い資料調査から描き出される――まっすぐに貫かれた筆が生み出す、奥行のある見事な歴史物語 曾根博義
苦悩を書き綴った古典世界の女たちは聖なる女神たちの末裔であったのか――時代区分やジャンルにとらわれない著者の自在な論点が、文学的想念を刺戟する 高橋文二
マラルメの最重要の作品が学問的に厳密な訳書として出版――フランス語の原語を尊重した禁欲的な姿勢を貫く 加藤弘一
絶対抒情――バラバラで多様な世界をバラバラで多様なままに遠くまで見通し、モノゴトの本質と真正面から切り結ぶ川口晴美の世界 田野倉康一
まだ知られていない日英関係の「負の歴史」――著者は、どのように「反日」「嫌日」から「和解」の領域に達したか 川成 洋
〝新宿鮫"と呼ばれる弁護士の警世のメッセージ――戦後教育世代が、靖国イデオロギーと加害責任を問い返す 別所興一
「見えない」謎と都市が誘う十八世紀スペインへの美術紀行――遅々とした主人公の足取りは、あえて本を閉じる禁欲的な読書の楽しみを教えてくれる 佐々木美和
本物のテロリストは誰なのか?――米国政府への捨て身の抗議文であると同時に、マスコミに対する激しい告発状でもある書 木村 朗
心のあり方を求めた人々に見る、現代の「侍」の精神――ゲバラらによるゲリラ活動の準備期からの詳細も明らかに 小倉英敬
「自分が全く知らない世界のことを書く」時期がきた――作家として大きな転機になる2009年:柳美里氏インタビュー『オンエア』(上・下、講談社)をめぐって 柳美里
太宰は時代情況を意識し、時代と拮抗し、独特の距離感を醸成しえた――太宰作品の新たな世界を切り開こうとする、白眉をなす論考が並ぶ 久保 隆
近代日本の言論形成を言論自由の歴史として跡づける――操觚者たちのパブリック・オピニオンに向けた実践の数々 米田綱路
国際比較を通した様々な論点から厳罰化の傾向を考える――国家による殺人としかいいようのない位相を湛えてきた死刑執行 黒川 類
エッセイ特集 全集と私――まず買って本棚に並べることで満足感や安心感を与えてくれた全集 茅野裕城子
エッセイ特集 全集と私――全一巻の極めつき――村山槐多全集 谷川 渥
エッセイ特集 全集と私――安い全集、今が買い時? 八木福次郎
謀略論批判の集大成をなす遺著――下山事件の“謀略的言説”を徹底検証 Y








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 下戸の夜
(本の雑誌編集部下戸班編)
2位 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
(ブレイディみかこ)
3位 東京凸凹散歩
(大竹昭子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 未来の地図帳
(河合雅司)
3位 ノーサイド・ゲーム
(池井戸潤)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約