書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


女性であることによる哀しみを生きてきた、孤高の人形作家――「人生の師」と呼べる人との素晴しい邂逅を、静謐な筆致で描く 植田隆
根源的な出会いは「存在が回る」瞬間を有す――往還を繰り返す魂のフランス紀行 皆川燈
公家の妻たちの多彩な活動面が明らかに――結婚後の女性の地位に関わる「伝統」の出自 清水克行
永遠に繰り返される「日曜日の夜」みたいだ――坪田義史監督『美代子阿佐ヶ谷気分』 富山由紀子
膨らんだ期待感は裏切られなかった――第62回カンヌ国際映画祭レポート 大和晶
現代資本主義の史的変容を克明に省察する――市場と制度の「共進化」が照射するオルタナティブ 塚本恭章
獄中記 編集部
更に深く谷川雁を――鼎談 岩崎稔×米谷匡史×佐藤泉 『谷川雁セレクションⅠ・Ⅱ』 岩崎稔×米谷匡史×佐藤泉
残忍な行為に走る可能性を私たちの誰もが秘めている――残虐な行為の淵源を突き破りうる方途とは 皆川勤
植民地帝国の痕跡を見つめなおす――興味深い視点の展開を予感させる、細部にこだわった歴史叙述 村井寛志
綴られた率直な印象が共感を生む――気づきを大事にし丁寧に観察をする 村木哲
「人間と人間のきずな」をどう取り戻してゆくのか――今なお強固な「原子力平和利用」宣伝の構造 高橋博子
豊かさとは自ら見出し自ら創り上げるものである――文明の行き詰まりに直面している現代人に必要なもの 水落潔
「真性活字中毒者」が案内する活字書体の世界――世界史的視点から事態をとらえる 鈴木俊幸
大学人がいま何を共有すべきか――無定見な政策で大学を翻弄する文部科学省と政府 岡山茂
無頓着が突く核心――周到な筆致によって組み上げられる小島信夫文学のエッセンス 松本和也
韓国古典小説の傑作――焦眉の急である韓国古典の日本語訳が読みやすく適切な訳で登場 染谷智幸
「もう一つの世界」を開く萌芽とも言うべき議論――非西洋対西洋といった二項対立の構図を越えて 山崎望
エキスパートの目から見た現代日本の文字の昏迷――字体についての謎を追う、「日本語の文字の教科書」 小池和夫
人間は既に変わってしまっているのだ―― 一つのサイボーグのようになってしまった我々の身体と意識を探る 藤田直哉








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約