書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


現代日本の精神風土を熾烈に批判する妥協を許さない「罪深き文体」――読後の一転した爽やかさは文体に内在する詩によるものか 小林廣一
精神病の近代性と、病者の危険性に介入する権力とを絡めて描き出す――もの憑きと精神病を混同してはならないことを丹念に示す 喜多加実代
芸術映画を論じても、映画館という非日常的な空間の祝祭性と猥雑さが伴奏――ほぼ半世紀の昔、活力漲る映画状況を読む 田中眞澄
一連のモダニティの社会理論にたいして根源的な批判を加えている点で興味深い――パスポートへの多元的な読みが可能になる一書 吉原直樹
平家物語を読む 編集部
描かれた技術 科学のかたち サイエンス・イコノロジーの世界 編集部
グローバル経済が先進国の大都市に及ぼした影響を考察する――東京の位置づけと取り扱いはこのままでよいのだろうか? 妹尾裕彦
憲法特集 言論の自由とジャーナリズムの現在――パンに屈さず、ペンを貫くことは可能なのか―国益とナショナリズムを超える、反戦ジャーナリズムを追求する Y
「押し紙」に凝縮された危機の真相―販売店を追い詰める“御用機関” 米田剛路
パリが流した涙、私たちが流す涙――戦争と葛藤の支配する世界で少女が見つけたものとは 波田野節子
憲法特集:覚悟のいる時代の闘い方―裁判員制度のなかで貫くべきものは何か――梓澤和幸氏に聞く、裁判員制度の問題点 梓澤和幸
憲法特集・寄稿エッセイ 社会の中で平穏に生活する権利の可能性――人権保障の原点に立ち返らせてくれる人権として 石埼 学
散りゆく桜にも、歌心を感じる――桜と紅葉を愛する歌詠みたちの魂を読み解く 横山未来子
閉塞する西洋文明の突破口――現代の〈罪〉を引き受け、〈愛〉にたどり着くポスト・ポストモダニズム批評 田中 実
私の好きな時代小説  編集部
歴史の真実から目を背けないことが歴史和解の出発点である――スケッチと手記から浮かび上がる泰緬鉄道建設の実態 山田朗
ロルカにとって、詩は、「読まれるもの」ではなく、「謳われるもの」であった――極めて難解といわれる詩集に、丁寧な「対訳」と詳しい「解説」 川成 洋
日本の侵略・加害の歴史を正当化する「慰霊」に、キリスト者の激しい憤り――戦後体制が大きく改変した時期に、全力を傾けて国会を傍聴 宗近藤生
水晶の朝、飛翔体の夏――笙野頼子の場合には、最新作にこそ作家のすべてがある 巽孝之
H・M・エンツェンスベルガー著『がんこなハマーシュタイン』を読む――〈死者とのおしゃべり〉から私たちは何を学ぶか-繰り返される過ち、繰り返されない過ち 恒川隆男








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約