書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


きわめて具体的な研究手法により消滅した演劇の真髄を復元する――メイエルホリド演劇の全貌が明らかとなる一書 武田清
グーグルの和解案には乗らない――高須次郎流対協会長に聞く、グーグル・ブック検索問題:主導権を握られないために、出版社自らがデジタル化に取り組むとき 高須次郎
天皇の「聖断」神話と米国の占領政策による免責の構造――戦前版「国体」と戦後版「国体」との連続性、日米協調と自立の矛盾 米田綱路
「ほんま、あての人生、ワルルルばっかりやった」――あきらめず前向きに生きる在日一世のハルモニの物語 李美子
デュルケームの自殺理論は今なお十分に通用している――今後の自殺研究のあり方を占う羅針盤として役立つ好著 松山博光
映画システムという視点から検討される日本の近代性――「体得する」というキ―ワードが示す主体のありかた 中村秀之
親密なコミュニケーションで労働のモチベーションを分厚く――経済活動と人間の倫理の根本問題に正面から挑む熱意が伝わる 橋本努
清冽な詩心、その詩業と生涯の全軌跡を描く――異郷で非命の最期をとげた朝鮮の詩人は母性のように愛情を湛えている 田中佑雲
「贋物の自我」からの脱却へ――「人間の尊厳の神学の確立」の行く立ては可能なのか 久保隆
文学好きに捧げるトーマス・マン入門――丹念に辿り直された作家・マンの修業過程が、流麗な訳文で描き出される 千田まや
西原理恵子は変化した――大岡俊彦監督、西原理恵子原作『いけちゃんとぼく』 福田磨理子
小説と言えるのかどうかギリギリのところを狙う――抽象度を上げる操作、知ったかぶりという重要な創作態度 青木淳悟
自由な言葉が可能な社会の構築を求めた詩人――尹東柱追悼前夜祭を開催して 後藤理子
〈私づくり〉のプライバシー――データに依存した自己イメージ形成はどこへ行くのか 大屋雄裕
十九世紀の聖書の解読――ブームの亀山訳の秘訣の所在が明らかに 井出彰
「まづしい實驗の結果」が戦後短歌史に屹立した――塚本邦雄の衝撃的で記念すべき第一歌集 久保隆
精神療法だけでなく普遍的思惟方法を内包――「関係を支えるつながりの力」を湧き立たせる 黒川 類
朝鮮近代文学の醍醐味――テキストの〈声〉を聞き取った訳者たちが届ける植民地朝鮮下の文学作品の数々 渡辺直紀
小説が新しい歴史を作る可能性――オバマ政権の誕生と同時に完成した本書からは、著者のモリスン作品への熱き思いが滲み出ている 深瀬有希子
チェス小説集はいかが?――何度でも味わいたくなる美味しいアンソロジー 湯川博士








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 下戸の夜
(本の雑誌編集部下戸班編)
2位 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
(ブレイディみかこ)
3位 東京凸凹散歩
(大竹昭子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 未来の地図帳
(河合雅司)
3位 ノーサイド・ゲーム
(池井戸潤)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約