書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


「危険な書物」――演劇、表現を問い続けてきた一人の舞台人が「何のために生きるのか」と問いかける 志賀信夫
革命プロセスに対する疑義が熱いエネルギーとして胚胎されている――銃殺刑となった作家のソ連・スターリン政権への悲痛な叫び 久保 隆
フリードリッヒ二世の破天荒な生き方を新たな視点で描く――近代へと進む通路を開いた皇帝は鳥類学者でもあった 黒川 類
「遊牧知」は地球を救えるか――地球環境問題に対する学問体系創りの第一歩 中尾正義
本物のアクチュアリティーに到達するために――三人の若手研究者たちとの真摯な対話から見えてくる現在の課題 村上克尚
例文豊富、本格的な和独大辞典――明治時代から今日にいたるまで、これだけの文学作品を例文に用いた辞書はほかに知らない 鈴木 直
イタリアの〈マルクス主義の危機〉論争は高水準の哲学論議としてあった――『資本論』を歴史哲学と呼んだラブリオーラの主著が邦訳 中村勝己
1984年という、時代の鏡に映ったボイス――ボイスを軸にした80年代の日本がうっすらと浮かび上がって見えてくる フィルムアート社・構成
イルコモン、大事――「健全」なコモンはもういらない 栗原 康
長生炭鉱の歴史は凄惨な戦争と強制労働の実態を物語っている――犠牲となった朝鮮人の悔しさの記憶を刻み込むために 李 修京
強制連行、強制労働、民族差別の歴史を実証的に検証――強制連行と在日朝鮮人の歴史的存在の関連をどうみるか 亀田 博
詩人たちと「にほんご」の場を共有しつつ自分の中の「にほんご」も揺さぶられる――スリリングで可笑しくて面白い、詩人ふたりの自由で爽快な言葉のやりとり 川口晴美
近代文学作品において「無意識」はいかに表象・欲望されたのか――対象、方法、姿勢において一貫した考察と歴史認識に裏打ちされた魅惑の一冊 大國眞希
アーレントの両義性に正面から取り組む――「祝祭」を核とした斬新で魅力的な読解 宇野重規
自らが語る対象を定義しない「批判」は、その対象そのものに足元をすくわれる――「書評」に明確に現れる、現在支配的な傾向 松本潤一郎氏の「書評」(2960号)に応答する 佐藤嘉幸
グローバリゼーション考において現代哲学の参照は不可欠である――概念に基づく実践の限界を意識化し克服するために 御子柴善之
「黒滝文献考証学」を貫いた渾身の社会思想史研究――「初期マルクス」からヒルファーディングに収斂する歩み 相田愼一
浮上する「政治」の問題――政治的・社会的な面でヨーロッパはまだ統合されていない:特別寄稿 ギリシャ財政破綻をめぐって 重光哲明
落日の新宿・歌舞伎町を舞台にチンピラ渡世の心意気が溢れる――監視カメラと丸暴のデカに囲まれた日常を内側から描写 山井 悟
ペルー日本人移民がたどった希望と苦難の歴史を綴る――国家間戦争による犠牲に捧げられた鎮魂の唄 植田 隆








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約