書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


ジェンダー理論に基づき西洋中世美術を読む――野心的で情熱のこもった書物 荒木成子
国民の政治的学習とマスメディアの関係とは――メディア政治の批判的な検討にも有用な一書 竹下俊郎
掛け合いの魂に貫かれた奄美の心が伝わる――個と共同体の一体性に確かな視線 植田隆
東アジアの、踏みしだかれたおびただしい死者たちの魂――野戦之月海筆子公演「ヤポニア歌仔戯 阿Q転生」 佐藤泉
日本の警察機構のグロテスクな構造を浮き彫りに――高橋玄監督『ポチの告白』 藤田五郎
わが国における美術史研究の白眉――間然することのないかたちで結晶化した稀有の研究書 谷川渥
沖縄の苦難の歴史への理解をもった労作――沖縄劇映画の初の通史と基礎データは貴重 山里将人
小説ながら、さりながら――人物にじかに触れる感じ、語り手の自然体、そして安らぎ 大浦康介
論証されざる確信――必要とされるのは民衆の想像力である 上野修
話し上手の民主主義と聴き上手の民主主義――格差社会を脱するために、まず私たちに求められるもの 早川誠
血をみない運動とはどのようなものであるべきか――当代三十数人の〝不良・無頼〝ぶり 玉井五一
豊かな見聞で村の新生面を――最後の世間師・宮本常一 佐野賢治
ねじれとしての他者救済――垣間見る生のリアリティ 倉石一郎
確かな目配りのもと、「奥州平定」を描く――現代文に翻訳され、読みやすく引用された史料 加藤貞仁
シュエバは、すべてのビルマ人を愛し、包容している――難民事件などの裁判で、弁護団は支えられてきた 渡邉彰悟
一群の〈初期〉作品は、つげ義春という作家的膂力の源泉――主人公に「おれの漫画は芸術なんだ」と語らせている 久保隆
園子温の映画はひたすら驀進してゆく 阿部嘉昭
韓国史上最大の興隆期にある随筆――みなぎる詩精神 孟蘭子(聞き手・鴻農映二)
ロバート・バーンズ鑑賞の新たな発展――今日的視点から新しい読者に紹介しようとした野心的な書物 風呂本武敏
妥協なき原則主義に打擲されつづけよ――南北統一国家像の片鱗を、随所に垣間見させ、またあるべき「東北アジア」地域の平和の姿を遠望させもする 山口泉








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 下戸の夜
(本の雑誌編集部下戸班編)
2位 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
(ブレイディみかこ)
3位 東京凸凹散歩
(大竹昭子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 未来の地図帳
(河合雅司)
3位 ノーサイド・ゲーム
(池井戸潤)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約