書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


「成長主義」に囚われるのはもうよそう――佐伯啓思の思想の通過点 宮田徹也
今日の「子ども問題」にアプローチするために必読――極めて示唆的な案内書であるとともに、今日的な問題提起ともなっている 野上暁
「横浜」と「混血」――著者の誠実さ、業の深さ、不屈の魂、ガッツに拍手を送りたい 早助よう子
読者の「いま」と「ここ」に現出する語り手の心――実に稀有な経験を本書の読者はするだろう 奥瀬陽平
「私」――一つの物語に回収できない矛盾した存在――ある種の私小説と呼ぶべき作品としての完成度をもつ 佐藤靜
ユングをめぐる「旅」――ロジカルな論述ではなく、「歌」の言葉で紡ぎ出されていく「集合的無意識」 皆川勤
「ラディカルな民主主義者」が憲法を作る過程――高野岩三郎とウンベルト・テッラチーニを中心に描く 高橋利安
寺内正毅というアジア主義の不思議な鏡像――誠実さだけは、著者が描像する六十七年という時間性からは伝わってくる 村木哲
登場人物たちの性格や姿は皆、魅力的――単純な魔法の物語としてだけでない、ニューベリー賞受賞作 中川素子
「言葉」を通して現代(現在)を見通す――ジェンダーの問題は言葉だけに収斂していくことではないから、多様な視線から語るべきだ 黒川類
私たち自身が共同体のなかで自らをどのように編みなおすか――戦後教育研究の中で論じられることのなかった「政治」と「教育」の接点を構築する 安部貴洋
哲学者・ポストモダン小説家の軽妙洒脱な「肉声」を聞く――著者の新たな側面を伝えるものとして、十分に評価できる一書 篠原資明
後戻りできない時の流れ、日常のかけがえのなさ――緊迫する状況をそのままむき出しで伝えようとする迫力 大口玲子
施設での暮らしはなぜどのようにして「主体性」を奪うのか――世界的動向の一端を知り、関心をもち学ぶ上での道標となる書 鈴木良
男女で異なる「恋愛」模様がいかにして紡がれてしまったのか――幅広い史料を通して巧みに紐解く 桑原桃音
客観的事実を知るのに最適の解説書――教育勅語に関連する基本的資料を収載している 小股憲明
物語と歌のあいだ、町田康と「汝、我が民に非ズ」――「国民」という鋳型にはめる「暴力」を逃れる「人民」たち 渡邊英理
宮沢賢治のキリスト教的、仏教的背景を見通すものが数多くみられる――詩の作法書のようでもある、音数律論の成果 平澤信一
「乳母」雇用に凝縮される諸問題――時代遅れとなりつつある過渡期に焦点をあてる 山口みどり
「電信・電話のジェンダー化」のダイナミズムを活写――近代の日本とドイツの比較をとおして明らかに 池谷壽夫








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約