書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


人生の羅針盤――十三年にわたる闘病生活をはじめ、多くの苦難を味わった三浦綾子が語る、最後のエッセイ集 竹林一志
デュシャン《泉》は「非常識」か?――《泉》の現代性を再考するために 塚原史
ヘーゲル哲学は分析哲学と何を共有できるのか?――ヘーゲル哲学の決定的に本質的な読みを提示 座小田豊
伝統の枠を超えてゆくフューズリの先進性をいくつもの角度から綿密に検証――時代を牽引した革新性と現代へもつながる特徴を詳細に論じる アルヴィ宮本なほ子
ラディカルという言葉の意味論的転換――ヘーゲル以来ヒューマニズムに依拠する「必然性の哲学」は、反ヒューマニズムによる「偶有性の理論」に取って代わられる 犬飼裕一
「ホロコースト・ブーム」の構造的な背景と原因を究明――「ホロコースト・モデル」を用いて日本の歴史認識という難題にも踏み込む 木戸衛一
奇跡とは日常のささやかな兆しである――アンナ・ザメツカ脚本&監督『祝福~オラとニコデムの家~』 石坂健治
戦後日本の公共性について、アーレントを通じて語る意義と限界――「なぜアーレントが重要か」についても絶えず問い直す必要がある 石田雅樹
現代ドイツ史の深層に迫る問題提起の書――独立歴史委員会による外務省の歴史の記録 本田稔
こんな授業もあるの!?――情熱的にして、繊細な、行き届いた配慮ある授業・教育実践 尾関夢子
日本の知識人のタイプを抽出――学問を学界に閉塞させず、ジャーナリズムと深く関わることで言論の場を構築した点でも共通する二人 石井正己
抵抗とは何か、時代を主体的に生きるとはどういうことか――ナチスを地球上から根こぎにする実践は、終わっていない 藤原辰史
昭和モダニズムと戦後少女文化の接点――「少女」たちの憧れや悲しみを『若草』誌面から拾い上げる 鈴木貴宇
現在の日本における証券市場の中核とも言うべき日本取引所グループにより編纂された証券市場成立史――バブルについて証券取引所と証券会社がなしたこととなさなかったことを明確にする責務がある 片岡豊
ナショナル・アイデンティティの多文化間比較をテーマとした共同研究の成果――世界各地におけるナショナル・アイデンティティのあり方を考察した論集 土田映子
憤怒の視線は、一貫して理不尽な権力の網の目を突き割いていく――情況を鮮鋭に切開していく時評 村木哲
歴史的・社会的文脈の中で母親について捉える――世代という視点で娘・母・祖母、その関係を理解しようとする 東海林麗香
イタリア・ルネサンスという分野は今なお刺激と発見に満ちた尽きせぬ磁場だ――一五世紀のイタリアにおける人文主義の勃興と政治といった文脈に作品を位置づける 宮下規久朗
瑞々しい詩女神の霊感――彼女の詩が日本語読者のもとに届けられた意義は大きい 林みどり
戦時期紙芝居の全容に迫る――きわめてミニマムなメディアであった紙芝居が、戦意高揚と総動員体制建設の使命を帯びて人々の生活に入りこんでいった実像を解き明かした、貴重な研究成果 早川タダノリ








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 下戸の夜
(本の雑誌編集部下戸班編)
2位 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
(ブレイディみかこ)
3位 東京凸凹散歩
(大竹昭子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 未来の地図帳
(河合雅司)
3位 ノーサイド・ゲーム
(池井戸潤)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約