書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


スキャンダルとしての民主主義――あるいは統治の無根拠が憎悪する永遠の造反有理 市田良彦
二人で書くことの実践をさらに何度も二重化させていくこと――ドゥルーズ=ガタリの作業の、別のかたちでの実践 檜垣立哉
「イリュージョン」を取り戻していく旅路――詩情と、インターナショナルな視線をはらむ言語表現 皆川燈
好きな男が亭主になったアカツキには殺したくなるときが必ずややって来る――”女の性”が脈打つ ワシオ・トシヒコ
現代における「崇高」とは なし
テレビのリ・デザインという大きな課題に繋がるテレビ研究――テレビの疲弊が隠し通せなくなった危機的状況に際し 土橋臣吾
「遮蔽」を越える可能性を秘めた、屠場を身近に感じる一冊――私たちが知ることも避けてきたことをいかに「かく」か 桜井厚
カメラがとらえた総力戦の墓標群――戦争を遂行する国家と人間の姿を反照する要塞の数々 O
「読むこと」の困難さにこだわり続ける者にとって、得るものは大きい――後期小説群を新たな視座から体系的に論じた点で貴重 木下誠
混乱した多様な権利要求の陥穽を是正するために――徹底的に人権や権利というものの意味と意義に論及する 黒川類
ロラン・バルトの『明るい部屋』に「決着」をつける なし
日ソ・日ロ貿易に尽くした先人たちのあゆみと回想――さまざまな歴史的側面が浮かび上がる 米田綱路
富士正晴とVIKINGクラブの面々が生みだした文芸運動――往年の若者と17歳年上の先輩との33年間の往復書簡が語るもの 小沢信男
「太宰道場」での通交談は太宰の人と作品を語っている――底に達して「跳ね返す力」を、太宰は生み出せたか 久保隆
「今日、何がしかものごとを考えている人たち」のために なし
トラッシュ・ガールズ ホー娘――政治的なアクティヴィズムとしてじゃなくて、変装を楽しんでいきたい インタビュー:ホー娘(聞き手・五所純子)
言語抹殺という植民地政策下で朝鮮の文学者の精神は強靱だった――胡適や魯迅ら中国の文学革命の情勢は、朝鮮の場合どうだったのか 渡邊一民
下級武士や下層庶民の悲哀に満ちた存在に視線を向けた21編の物語――江戸期の時代考証に造詣が深い著者ならではの、妖たちのありよう 村木哲
追悼・内川千裕 近代民衆史とともに歩んだ出版人が逝く――アイヌ民族、日朝関係史、水俣民衆史、台湾原住民文学など 米田綱路
「満洲国」を統治、軍事、文化、産業、反満抗日運動など多面的に研究――中国側の、公式見解を補正する論考は不可能か 加藤陽子








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約