書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


膨大な発言と作品を照応し、思索の軌跡を追うことができる一冊――単なる職人的なこだわりではない大きな意識 氷川竜介
少年は自分の育った山河の中で韓国の運命を抱えて解放を迎えた――体験を語り過去史を捉え直す重要性を、日韓の未来のために提示 李修京
叛乱に加わった者自身が68年を語る――監獄に焦点を当てた物語と、思想性 表三郎
『二荒』を『日光』に改作――立松和平氏の問題作が装いも新たに刊行 なし
原点はどこにあり、どこに向かうのか――2008年日本美術界回顧 福住廉
知とダンスフロアを繋ぐ――DJカルチャーに通じていない人も、鋭利な批評と、目くるめく論旨によって、瞬く間に本書に魅了される 一色こうき
各地を辿ったイブラヒムの生涯を丹念に詳述――照らし出される日本近現代史の意外な一側面 黒川類
生きるため、いつの世も「食」のことが心配なのだ――重次の生涯から現代と符合するものを発見する 菅野正人
歴史を開く起爆力――「忘れられた戦争」の封印が解かれた 道場親信
スペインは、社会も料理も文学も歴史も、奥が深く、多様である――当代一流の専門家が、日本人の表面的なスペイン観を変える 島田顕
新春エッセイ 幸福だった日――戦禍を超えて迎えた、子供の頃の正月を思い出す 立松和平
世界への視座 フランス オバマ、サルコジ、メディア――新自由主義グローバリゼーションのゆくえ 杉村昌昭
世界への視座 中国・台湾 政治的自由と庶民の生存の要求をどう保証していくか――警察署に乱入・死刑にされた青年の事件 丸川哲史
世界への視座 アメリカ 改革の夢、女性の夢――アメリカ大統領候補者指名過程を振り返る 今村浩
世界への視座 ラテンアメリカ 進展する脱「新自由主義」とラテンアメリカ――世界金融・経済危機の拡大の中で 小倉英敬
世界への視座 タイ 政権をどう倒したのか「連合」、軍隊、裁判所、そして王室の政治力学 玉田芳史
世界への視座 チェコ 「プラハの春」から四〇年――その歴史は数々の政治体制の変容を経てきた 増田幸弘
世界への視座 アフリカ 貧困と飢餓の克服へ――戦争、内乱、旱魃、金融危機の中で、人々の精神の独立こそ 二木光
『占領期雑誌資料大系』(岩波書店)刊行によせて 戦後大衆文化の諸相に迫る――多角的な編集方針に集約される遠大さと今日的意義 藪亨
新年特大号 田中優子氏インタビュー カムイの視点を手に入れろ 田中優子








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 下戸の夜
(本の雑誌編集部下戸班編)
2位 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
(ブレイディみかこ)
3位 東京凸凹散歩
(大竹昭子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 未来の地図帳
(河合雅司)
3位 ノーサイド・ゲーム
(池井戸潤)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約