書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


女性向け教養番組の変遷を分析――放送メディア史の観点から新しい知見を提供する 村瀬敬子
戦時下の青春から晩年に至るまでをカバー――アジア・アフリカ作家会議での実際の運動経験から堀田善衞のコミットメントを明らかにしている点は重要 竹内栄美子
所得・貧困、セーフティネットの構築など、昨今我々が直面し議論が紛糾している問題が論じられる――述べられている事例、そして奥に潜む社会科学的な意味は露いささかも時代遅れではなく、むしろタイムリー 迫田さやか
日本浪曼派を研究することの意義を再確認――既存の研究からこぼれ落ちる問題をすくい上げ、今後の研究の道筋を示している 野坂昭雄
偉人伝を超えたタブマン像を描く――伝記であると同時に一級の時代研究 栩木玲子
「アナクロニズム」に挑む現代の歴史家――著名性のメカニズムを解明する 平正人
「正しいことをしたければ、偉くなれ」の真意とは――特に女性の管理職志向の低さに注目する 安田宏樹
何を食べるべきかの議論を論理に基づきジャッジする――食において倫理的判断が求められる問題領域がどのような広がりをもっているのかを総合的に把握 秋津元輝
グローバルな規模で強者が弱者を蹂躙する「勧強懲弱」が進んだ現状への抵抗――新たな読書の楽しみを与えてくれるブックガイドとしても秀逸 末國善己
スチュアート・ダイベックの処女短編集――主人公の少女たちの潔さやすがすがしさは特に印象的だ 眞鍋惠子
再生か、革命か――ロレンスが考えずにはいられなかったアート/インダストリー 井出達郎
女性雑誌文化の近現代史――メディア研究の教科書としても非常に「使える」好著 石田あゆう
昭和元禄文化はうんざりするほどの混乱の中、次々と新しい文化を生んだ――山藤章二が感じた昭和の匂い 大野秀樹
「死」が近づいてくる側と「生」から「死」を見つめる側に違いはあるのだろうか――これまでとは幾らか違う様相を漂わせている、シリーズ第三作目 山井悟
「多元主義」もまた、穏やかな民主主義か――言説についての言説、批判についての批判の書 谷川渥
経済学のオイコディツェーとしての性格を見抜く――経済学こそが近代社会(資本主義)を生みだしたのだと主張する 沖公祐
「マルクス主義者、ドゥルーズ」というプロブレマティックに取り組む――「容赦なきスピノザ主義」に、「可能世界のドゥルーズ」を仮構的に対抗させる 小倉拓也
歴史の問いをフッサール、ハイデガーから継承しつつ、レヴィナスと対話する――デリダ哲学指南の書、結実 長坂真澄
境界を越え、文化的差異を超える美術史学の普遍性――バーナード・ベレンソンが矢代幸雄に伝えた「美術は一つ」の意味とは 林みちこ
今日の芸術創造とその批評にとってきわめてすぐれた指針――通史の外見のもと、現代的な問いの地平を切り開く 守中高明








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約