書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


続々と上がり続けるネオリベ批判の狼煙──大学無償化とベーシックインカムという論点 本紙編集・小山晃
タブーなき日本人論へ──見えなくされた人々を可視とする力業 可能涼介
日本教育史研究に対するラディカルな問題提起──対象の多様性と複雑性の故か、研究としては中間報告の段階 菊池城司
シンガーの全体像をわかりやすく示す──「最も影響力のある哲学者のひとり」には違いない 戸田清
海人(ウミンチュ)たちが移動する複数の生の軌跡──「独立を発明する」ための確かな手掛かり 渡邊英理
子ども虐待をめぐって学校教育のやさしさを問う──教師仲間が実践した記録を手がかりに 小笠原洽嘉
「普通の人間らしい考え」に触れる音楽は劇の要素を内包している──オネゲルについての初の本格的な論及 黒川類
盗まれた設計図──ペドロ・コスタ監督『コロッサル・ユース』をめぐって 対談 ペドロ・コスタ×鈴木了二
『永原慶二著作選集』全一〇巻完結に寄せて 「永原史学」の全容を把握する──歴史像構成の課題を生涯をかけて追求した研究の軌跡 池享
碧梧桐を貫くものとは──極めて重要な日本語の問題が語られている 來空
眠らせろ!──「現実的なものの専制」に抗して 入江公康
原初の光を追ったネリー・ナウマン──日本人研究者との交流によって生まれた記念論集 鶴岡真弓
エキサイティングな思想史──中世もまた「紛争」と無縁ではなかった 立川孝一
未知の線を探るための刺激的な案内図──失われたものの埋めがたさと、残された言葉のかけがえのなさ 湯沢英彦
聖書の世界がリアリティをもって「文学的磁場」に見事に息づいている──丁寧な洞察を踏まえた結論 木下豊房
心から歓待するこの亡霊的な回帰──三六年間の「近刊」予告! 港道隆
過去の遺産として見るだけではなく、この本から学ぶべき──ポル・ポトはカンボジアに一体なにを残しただろうか 金子民雄
無名の私とは何者なのか──自らの「痛み」を感じることによって「今度は俺が旅をするんだ!」と叫ぶことになるだろう 大久保鷹
『源氏物語』と帝国主義日本国の精神の有様を交差させたメタ小説──彷徨する紫式部を救済できるのか 山井悟
自己を「相対化」させることができた漱石──著者は一貫して文学者としての漱石の「生」の営みを探り続ける 亀井俊介








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約