書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


未公開資料を駆使し、溢れんばかりの好奇心が読み手をひきつける迫力の大著――日本人にはほとんど知られていない、グレートゲームのプレーヤーの生涯 江本嘉伸
四方田犬彦氏に聞く、『濃縮四方田』―ホンマに四方田もよくやるよ。―「非専門の専門家」の専門とは、自分が抱えている「問題」 四方田犬彦
小野十三郎は時代にからめとられることはなかった なし
歴史文学者・松本清張―数多くの文学作品からの影響に清張の壮絶な勉強ぶりを垣間見る 綾目広治
「群島」からみえる世界とは―思考にとどまらぬひとの動きを誘いかけるもの 小沼純一
民族問題に対して、日本人は感度が鈍すぎる―中国の歴代政権の民族政策、少数民族の苦悩の歩みを追う 橋爪大三郎
サルトルの演劇作品を「生きる」ということ―全戯曲10編を「観客」の視点で解説しながら追体験へと誘う 翠川博之
中立的な立場で冷静に残した記録―アフガニスタンとパキスタンの現況とは 山根 聡
ガンジーとインドの「魂の革命」―混迷し対立を深める現代世界への警鐘となる対話 松本健一
知花昌一氏(元沖大自治会長)に聞く 60年代・70年代を検証する―沖縄は、復帰以後も戦争を問い続ける 知花昌一(聞き手・小嵐九八郎)
国境に関して考えられることを、全て論じてみようとする試み―アイデンティティの“器”である国家の外壁である国境 奥迫元
交渉術 なし
子供のイノセンスへの旅には、未知な新鮮な世界がある―アメリカ独立戦争時代以来、愛唱されてきた260篇余りの詩 新倉俊一
本を生きる  なし
レポート 沖縄密約文書開示請求訴訟 開示しない国をジャーナリストや研究者ら25人が提訴―情報公開を請求し、戦後ジャーナリズム史を再検証する 米田綱路
ヴェーバー研究の活性化へ端緒を開く―羽入・折原論争に、方法適用論の視座から介入 内藤葉子
マーティン・ギルバート著『イスラエル全史(上・下)』を読む 現実に流血を食い止めるための議論を―どんなに相手が嫌いでも物理的に限られた空間で、同じ時間に生きていこうとする限り共存するしかない 田原牧
田島泰彦氏に聞く、梓澤和幸・田島泰彦編著『裁判員制度と知る権利』 権力を監視しないメディアと、刑事司法の翼賛体制―市民が司法権力の枠の中に入っていいのか 田島泰彦
イタリア人自転車選手の哀惜に満ちた評伝―スポーツ界の薬物依存問題を考える契機ともなり得る一冊 安家達也
市民メディアに関する“フィールドワーク”といった趣き―新たなメディア構築の可能性を探る 植田隆








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 野垂れ死に
(元木昌彦)
3位 木になった亜沙
(今村夏子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 五・一五事件
(小山俊樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約