書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


プロレスを「通して」世の中の物事を見る――プロレスとその観客が織りなす文化現象に関する思考のワンダーランド 亀井好恵
迂遠なる文学研究への招待状――文学研究がどのように「社会」に役に立つか 武内佳代
日本美術史への問い――「日本美術と西洋美術を比較して考える」とこんなに楽しい 吉川節子
鮎川信夫の詩を詳細に分析――荒地グループの位置を検討 西原大輔
思索と訳業、その双方の集大成――「カントかライプニッツか」の視座から読む 松田毅
目を見開いたまま異界と日常の敷居に立ち尽くす――「目覚めたまま見る夢」は文学を、あるいは書くことを可能にする「方法」になっている 三ツ堀広一郎
諸君、酔っぱらいたまえ!――興味深い古今東西の「飲酒習慣の社会的歴史」 杉村昌昭
「徳」とは関係性をかたちづくるもの――「国際比較」という視線を射し入れることに、“見えざる”感性が刺激を受けた 植田隆
広岡浅子の一種の遺言のような歌集――「明るく前向きな女性」という性格はイメージ通りだ 原口泉
エマソンの言葉を吸収・消化――精緻で具体的な論及をモザイクのように集積した一冊 林浩平
「技としての記憶」の思いがけない沃野――古代から中世を経てルネサンスにいたるこの技の多彩な例と諸相を紹介 安川晴基
規範と革新のコーディネート――ブリティッシュ・ファッションの実践力 田中里尚
甘いサトウキビ、苦い郷愁――根底にあるのは、おばあちゃんへの愛と感謝なのだ 永田千奈
過去の時間は、現在という時間に重層化――引揚者、帰国者ではなく朝鮮植民者と立ち位置を表明する村松武司 久保隆
加藤周一の第二世紀に向けて――連続する記念年に刊行の三著を機に 片岡大右
アメリカにおける格差に注目する研究者達の研究成果――ピケティの枠内にとどまらない多様な議論 小川雅弘
ダヴィッドの抵抗の精神を継ぐ異議申し立ての書――その詩は驚くほどストレートで力強い 野村喜和夫
あらゆる語りの層を設け、新たな代表象としての「物語」をつくりあげる――理路整然と集約される中心にたいする違和の発現が隠れている 奥間埜乃
植民地化以前の政治経済構造を踏まえ植民地化前後の継続性を明らかに――イギリスのインド統治とは何であったかを考察するうえでの必読文献 上田知亮
未知の世界を読み解く楽しみに充ち満ちている――浮かび上がる、ある中世的な帝国の歴史 大野万紀








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約