書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


社会学は戦後日本の構造と動態をどう解明したか──社会意識と社会階層の関連、中間階級論などをリード 富永健一 評
死刑、この空虚なる制度 対談 森達也×姜尚中
ターザンとボクサー 石坂健治 評
「講座派」マルクス主義とモダニズム 今西 一 評
歴史家として証言台に立つ 佐藤 泉 評
心と自然の深いつながりから「いのち」の本性を考察 谷口純子 評
俳人白雄の全体像がより精細に 加藤定彦 評
怒りが画家を育て、絵を描かせているよう 鈴木義昭 評
「真実」と「中毒」の狭間で もがくジャーナリスト 浅野健一 評
強く、しなやかな生き方 小山晃 評
文学者=教師としての実践の書 管 啓次郎 評
生きていることの直接的な夢 倉橋健一 評
権力と音楽の連携によって生まれる事態を歴史から考察 櫻本富雄 評
山陰の人々を魅了した藤村文学の奥深さを活写 千葉宣明 評
文章の楽しみ方を教えてくれる 植田 隆 評
原理的な「礎」 凄まじい知的エネルギーの成果 橋本 努 評
想像力の「飛躍」を迫る 長谷政人 評
価値判断の客観化はどこまでなされたのか 林浩平
本当に世界はカラオケ化しているのか 細川周平 評
「文化遺産とは何だ」という人にも博物館の進化は止まらない 和 重樹 評








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約