書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


台湾原住民は激動の百年間をどのように生き抜いてきたのか――北部タイヤル族の戦前世代への聞き取りをまとめた一書 竹尾茂樹
台湾人アイデンティティをめぐる言説空間のダイナミズムを明らかにする――「行為媒体の分節化」を主題として日本と台湾の戦前・戦後の思想空間を往復しつつ分析 許時嘉
日本人の内なる西洋至上主義意識――ジャポニスムの問題は、ジェンダー論や民族、宗教、その他の文化活動の内部にわだかまりつづける差別の問題とも深く関わっている 木下長宏
戦争がなぜ生み出されつづけるのか――文学が「戦争に巻き込まれる」あり方と、戦争との「紐帯を断ち切る」力の多様性 河津聖恵
次の波が来るまえに――2017年演劇回顧 高橋宏幸
人物の内面の真を知る手がかりをもたらす「二重肖像」の分析――示唆的な多くの資料が示されている 浦一章
「創共協定」は今日でも価値を失ってはいない――社会主義と宗教の連帯の現実的可能性を明らかに 北島義信
学問と酒、人の出会いと根源的なものへの渇き――京都大学で築き上げられてきた人文知の伝統をえがく 三輪智博
なんで、「この本」を読むことができずにいられるのか?――日ごろは脇役である刑事弁護士らがそのホンネを吐露 辻本典央
現代における「国家による家族への介入/干渉」の意味を問う――現在の政治状況下で非常に意義ある一冊 木村涼子
あらゆる知見を動員して執筆されたブルーノ・タウトをめぐる浩瀚な著作――大労作の一冊であるのは誰の眼にも明らかだろう 林浩平
超アジア的な大阪を切開――これまでの都市写真集と違う相貌を見せている 室沢毅
環境倫理学を学ぶヒトの「上級入門書」――農業は生産性を上げる経済効率と環境破壊のバランスを 大野秀樹
我ら地球共和国市民――政治的責務をめぐる問いの探求を通じて、個人にとって、世界にとって国家とは何であるべきかを明らかにする 郭舜
問題提起の書――現代の科学者が判らないものに向き合う「態度」に対する手厳しい挑戦 入來篤史
善き「世界」を残すために――死について思考したハイデガー、そして誕生について思考したアレントを接続する試み 古賀徹
矛盾を超えた存在の可能性――ライプニッツの世界の一切を切り捨てず、対立を対立のまま受け止めようとする 佐々木能章
擁護する構えがもたらす深み――世界のカント研究を牽引してきたアリソンの大著 御子柴善之
性格が正反対の、しかし同じ「病める魂」をもつ、ふたりの天才の方法論の近さ――ウィトゲンシュタインに射すジェイムズの影を仔細に吟味する 中村昇
人工知能・ロボットの思想的来歴――21世紀にも継承されるサイバネティクスの神話と実際 河島茂生








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約